無痛治療について|吹田市の歯医者 まつもと歯科は実績豊富で安心

夜8時まで診療
駐車場完備
無料託児室あり
お問い合わせ
大阪府吹田市山田東2-1-1(阪急バス新小川バス停すぐ)
  1. トップページ >
  2. 無痛治療について

無痛治療について

まず痛みを取ることと、痛くない治療をお約束します。

歯科医院に来られる方の大半は歯が痛いと言って来られます。

そんな患者さんに対して、ほとんどの歯科医院では、まず色々な一般的な検査をしてその痛みが発生した原因ばかりを考えることに集中して、肝心の痛みそのものの治療がおろそかになることが多いです。

当院の場合は、まず何より患者さんの痛みを止めることを最優先しています。

痛いのを我慢して、やっと歯医者に来られた患者さんに、「少しでも早く痛みをとってあげたい」というのが、まつもと歯科の考えです。

ですから、まず痛みに対する治療をして痛みを取り除きます。そして痛みがなくなったところで痛みが起きた根本的な検査をし、それに対して本格的な治療に入ります。

治療に関しては、無痛治療に力を入れています。

無痛治療について

無痛治療について

まつもと歯科では無痛治療に力を入れています。

無痛治療とは、わかりやすく言えば、3つあります。

1.痛みが予想される治療は必ず麻酔をする。

2.麻酔を痛くなくする。

3.痛みが出ないような治療をする。

この3つにつきます。

1.痛みが予想される治療は必ず麻酔をする。

→患者さんが痛いと言ってるのに、「ちょっと我慢してください」と言って、治療を続ける歯科医師が非常に多いですが、まつもと歯科では、患者さんが痛みを感じるときは原則麻酔をします。この当たり前ができてない歯医者が多いんです。

2.麻酔を痛くなくする。

→いくら治療が痛くなくても、麻酔が痛ければ意味がありません。

麻酔は注射ですが、痛くなくする方法があります。

1.事前準備
@超極細の針を用意する
A麻酔薬の温度を36℃にする
→
2.針の刺入
(針を刺す)
B痛点をよけて針を刺す
→
3.麻酔薬の注入
C注入はすごくゆっくり行うと痛みを感じない
→
4.針を進める
D麻酔が効いてきてから、針を進めていくと痛みが出ない
E時間を十分おくと麻酔が完全に効いてくる

@ 超極細の針を用意する!

超極細の針を使うだけで、まず痛みがかなり減ります。ほとんどの歯科医院では超極細の針は使っていません。理由は単純で、針のコストが高いからです。

A 麻酔薬の温度を36℃にする。

麻酔薬が冷たいと、そのこと自体で麻酔薬が体の中に入っていくのがわかり、痛いと感じてしまうのです。

B 痛点をよけて針を刺す。(痛点はわかります)

痛点といって、痛みを感じる細胞をよけて針を刺すと、刺したこと自体に全く気付かないことが大半です。そして麻酔薬を少しだけ注入します。

C 麻酔薬の注入

麻酔薬を注入するときに、1秒に1滴の割合で、非常にゆっくりと注入します。こうすることで痛みをほとんど感じなくなります。さらに、36℃に温めた麻酔薬なので、麻酔をしたことに全く気づかない人も多くいます。

D 針を進める。

麻酔がある程度効いてきたら、核心部に向けてゆっくり針を進めていきます。

E 時間を十分おくと、麻酔が完全に効いてくる

麻酔をしてすぐに歯を削る歯科医もいますが、それでは麻酔が効いてるとは限りません。

表面麻酔について

表面麻酔は必要ない⇒よく表面麻酔をするから痛くないですよという、歯科医師がいますが、表面麻酔の効果はあまり強くないのでそれに頼ると痛みを感じてしまいます。痛点を避けることがもっとも大事なことです。表面麻酔などしなくても全く問題はありません。(ただ、ご希望の場合はしています)。

3.痛みが出ないような治療をする。

→神経のない歯を削る時は基本的には痛みは出ませんが、削る時の振動で痛みを感じたりとか、歯科医師の手さばきの粗さが原因で痛く感じたりすることがあります。

→まつもと歯科では、柔らかくてしなやかな手さばきで、歯を削ったりさわったりしてますのでご安心ください。

Call:0668784500

受付時間:月〜土(日・祝休診) 9:00〜20:00

無料メール相談

治療費・方法・治療期間などをお答えします

初診予約はこちら

無料初診のご予約はお電話かメールでどうぞ

LINEで無料相談

LINEで簡単に無料相談ができます!

矯正歯科 インプラント LINEで無料相談 無料メール相談 メディア紹介履歴
診療科目
無料託児をしています
小児歯科
お悩み解決
ホワイトニング特集
ヒアルロン酸治療