「詰め物・かぶせ物が取れた」|あなたのお悩みを解決|吹田市の歯医者 まつもと歯科は実績豊富で安心

夜8時まで診療
駐車場完備
無料託児室あり
お問い合わせ
大阪府吹田市山田東2-1-1(阪急バス新小川バス停すぐ)
  1. トップページ >
  2. お悩み解決 >
  3. 詰め物・かぶせ物が取れた

詰め物・かぶせ物が取れた

詰め物が取れた

詰め物・被せ物接着するためのセメントが長い年月で劣化したり、詰め物・被せ物と歯の間に虫歯が出来たり、さまざまな原因で詰め物・被せ物が取れてしまうことがあります。

詰め物・被せ物が外れてしまったときは、早めに当院にお越しください。
もし可能でしたら、外れてしまった詰め物や被せ物をご持参くださいね。

詰め物がとれたまま、ほっておくと歯にとって危険な状態になります。

まず、詰め物の種類からご説明します。

歯に部分的に詰める詰め物は、インレーといいます。下の絵のように、虫歯の部分を削って、歯型を取り、インレーを詰めるわけです。

インレー

虫歯を削ったところは、象牙質といって歯の成分の中では非常に柔らかい部分です。

歯の詰め物と神経

詰め物が取れた箇所は、食べかすがたまりやすくなり、容易に虫歯になります。そして、この虫歯は象牙質からできた為に、進行が非常に速いのです。

更に悪いことに、一度削った箇所というのは、元々歯の神経に距離が近いですので、虫歯が神経に届いてしまったら、歯の神経を取らなくてはいけなくなります。

歯の神経を取ってしまった場合は、歯の強度が落ちたり、感染しやすくなったりなどたくさんの欠点があります。⇒詳しくはこちら

そういうことを防ぐ為にも、詰め物が取れたら、至急に詰め物を再セットするなり、新しく作るかしなければいけません。

新しく詰め物を作らないといけない場合

1.取れたところが虫歯になっている。

2.歯が欠けている。

3.詰め物(インレー)が腐食している。

4.詰め物がピタッと戻らない

このような場合は、新しくつくりなおさなければいけません。

当院の詰め物の治療の良さ

詰め物治療で、最も大切なことは、詰め物が取れないことと、詰め物が再び虫歯にならないこと、この2つに尽きます。

★詰め物が取れないための最大のポイントは歯科医師による歯の削り方です。

インレー(詰め物)

削り方は歯科医師によって技術差があります。むし歯を少しでも取り残してはいけませんし、ただ単にむし歯を取っても、そこに入れる詰め物の接着力が大きくなるように削らないといけません。 当院では、この詰め物の削り方には力を入れて歯科医師全員で研修をしております。

★詰め物が再び虫歯にならないために当院がしていること

 一度詰めた詰め物がむし歯になる最大の理由は、詰め物と歯の間に隙間があることです。隙間ができる原因は型を取った時に、その型が変形することです。当院では最も変形の少ない型取りの方法を行っています。また、取った型に石こうを流して模型をつくるわけですが、石こうを流す前に必ず保湿箱で30分おいています。 こうすることによって、取った型は更に変形しにくくなります。

その他は、詰め物の表面をつるつるピカピカに研磨して歯垢をつきにくくするなど、患者さんの健康を守るためにたくさんの工夫をしています。

詰め物の比較

ちなみに詰め物のことを「インレー」と言いますが、最もむし歯になりにくのは、ゴールドインレーと言います。⇒詳しくはこちら

神経を取った場合の欠点

エナメル質、象牙質、神経

詰め物が取れた部分が虫歯になっていた場合は、歯を削って新しい詰め物を作る必要があります。歯を削って痛みが出ると、神経を取る場合もあります。

患者さんにわかりやすいように説明するために神経と言っていますが、正式な名前は歯髄(しずい)と言います。

歯髄の中には神経と動脈と静脈があります。歯の表面にはエナメル質があり、その内部には象牙質という柔らかい組織があります。更にその中を歯髄が通っています。

ところが、神経を取ってしまった場合、3つのデメリットがあります。

1.神経がないと痛みを感じませんので、虫歯が大きくなっていても気づきません。

2.歯に栄養がいかなくなり、歯がもろくなります。

3.歯の中から動脈静脈といった血流がなくなるので、歯の内部に白血球がいなくなります。

白血球にはバイ菌をやっつける作用があります。例えばウィルスをやっつける白血球のことをリンパ球と呼んでいます。

そして少し大きいバイ菌をやっつける白血球にはマクロファージ等の名前がついています。白血球は免疫を担当しており、歯の内部から白血球がいなくなるために、感染に非常に弱くなります。

神経を取ることの大きなデメリットは、非常に感染しやすくなるということです。

かぶせ物が取れた

詰め物は歯に部分的に詰めますが、かぶせ物は歯にすっぽりと被せる治療法です。

下の図のように、歯を全周に渡って削り、すっぽりと被せます。

かぶせ物

かぶせ物が取れる理由

1.接着剤の力が弱くなって取れる。

2.かぶせ物と歯の間から虫歯になって、そこから取れる。

3.被せた歯の虫歯が元々大きくて、歯を削った部分の面積が大きくて十分なかぶせ物の接着面積が得られなかった場合。

4.歯科医師の歯の削り方が悪かった場合。

など色々ありますが、取れた歯は早急に被せなければいけません。放っておくと、いくつか問題があります。

かぶせ物が取れたまま放っておくと起こる問題

1.むき出しになった歯が虫歯になる。

2.取れた歯の隣の歯が動いてきたり、噛み合わせの歯が伸びてしまう。

3.取れた歯自体が伸びてきたり、動いてしまう。

4.取れた箇所で噛みにくくなり、反対側ばかりで噛むようになり、顎の関節が痛んだり、また長期に取れたままにしておくと、顔がゆがむこともある。

ただ、新しく作り直さないといけない場合もあります。それは、上記の1〜3の場合です。

お気軽にご相談ください
Call:0668784500

受付時間:月〜土(日・祝休診) 9:00〜20:00

無料メール相談

治療費・方法・治療期間などをお答えします

初診予約はこちら

無料初診のご予約はお電話かオンラインでどうぞ

LINEで無料相談

LINEで簡単に無料相談ができます!

矯正歯科 インプラント LINEで無料相談 無料メール相談 メディア紹介履歴
診療科目
無料託児をしています
小児歯科
お悩み解決
ホワイトニング特集
ヒアルロン酸治療