「虫歯になった−当院の虫歯治療−」|あなたのお悩みを解決|吹田市の歯医者 まつもと歯科は実績豊富で安心

夜8時まで診療
駐車場完備
無料託児室あり
お問い合わせ
大阪府吹田市山田東2-1-1(阪急バス新小川バス停すぐ)
  1. トップページ >
  2. お悩み解決 >
  3. 虫歯になった−当院の虫歯治療−

虫歯になった−当院の虫歯治療−

虫歯になったら当然治さなければいけません。

まつもと歯科のこだわりのむし歯治療

1.むし歯を確実に取り、絶対に取り残さない。

虫歯

こんなことは当たり前とおもっておられるかも知れませんが、技術力の不足や治療時間が足りないために、むし歯を取り残している歯科医師は結構多いです。

むし歯は、われわれ歯科医師でも肉眼で全部見えるものではありません。

肉眼で黒くなってるところだけをささっと削るだけでは、むし歯を取り残すことになってしまいます。その結果、一度治療したところがまた悪くなってしまうのです。

当院のむし歯の削り方

う蝕検知液を使ってむし歯の取り残しを完全に防ぐ

⇒むし歯が染まる液体(う蝕検知液)で徹底的にむし歯を染め出します。

そして、染まったところを削ったら、再びその液体でむし歯を染め出します。この工程を5〜6回以上繰り返します。

虫歯が完全に取りきれ、染まらなくなるまで時間をかけて行います。こうして丁寧にそして徹底的にすることによって、むし歯の取り残しを完全に防ぎます。

2.治療した歯が再びむし歯にならないよう特別に配慮している。

むし歯を削り取った後は、詰め物をするのが一般的ですが、詰め物と歯の隙間から再びむし歯になるようなことは絶対に避けねばなりません。

まつもと歯科が行っているこだわりの治療法

1.すき間のできない詰め物を作っている

詰め物と歯の間にすき間ができると虫歯になりやすいです。

まつもと歯科では、このようなすき間ができないような歯の削り方をし、型取りを丁寧にそして厳密にし、かつ詰め物も大阪で一流の技工所に出すことによって極力すき間のできない詰め物を作っています。

⇒こうすることによって、二次虫歯を防いでいます。

まつもと歯科と一般的な歯医者の詰め物の違い

2.パナビアフルオロセメントというフッ素を出すセメント(接着剤)を使っている

⇒フッ素はむし歯菌を寄せ付けないという特徴がある。

パナビアフルオロセメント

パナビアフルオロセメント

セメント(接着剤)

3.歯との接着力を増すために、象牙質にプライマーという前処理薬を塗っている。

⇒接着力が大幅にアップし、詰め物と歯との間の隙間がかなりできにくい

プライマー

プライマー

4.詰め物の金属には、金属専用のプライマーという前処理薬を塗っている。

⇒接着力が大幅にアップし、詰め物と歯との間の隙間がかなりできにくい。

金属専用のプライマー

金属専用のプライマー

インレー

インレーの裏側に、金属専用のプライマーを使用しています。

虫歯治療について

虫歯治療の痛みが心配な方へ

当院ではなるべく痛みが少ない方法で虫歯治療を行っています。

無痛治療について

また、笑気麻酔や静脈内鎮静法なども行っています。

歯科恐怖症の方へ

  • C0
  • C0(要観察)
  • エナメル質の表面がすこし白濁しています。まだ穴はあいていません。
  • 削らずに、適切な歯磨きやフッ素を塗布することで進行を防ぐことができます。
  • C1
  • C1(虫歯の初期)
  • 表面のエナメル質に虫歯ができています。この段階では痛みは感じません。
  • 虫歯の部分を削ってレジンなどのつめ物をします。麻酔はせずに治療することができます。
  • C2
  • C2(虫歯の中期)
  • 虫歯がエナメル質から象牙質に進行した状態です。冷たいものなどがしみるようになります。
  • 虫歯の部分を削ってレジンや銀合金などのつめ物(またはかぶせ物)をします。麻酔をする場合もあります。
  • C3
  • C3(虫歯の後期)
  • 象牙質の虫歯が神経(歯髄)まで達しています。歯髄まで虫歯が進行するとズキズキと痛みます。
  • 症状が進行してしまった歯髄を抜き、薬を入れる根管治療をします。その後かぶせ物をします。
  • C4
  • C4(虫歯の末期)
  • 歯冠部が全て虫歯になり歯根だけが残った状態です。ほとんどの場合は歯を残すことができません。
  • 歯の根っこまで進行している歯は抜歯することになってしまいます。抜歯をした後はブリッジ・入れ歯・インプラントなどをします。

虫歯とは細菌が糖質から酸をつくりだし、歯を溶かしてしまって穴が開いた状態です。

歯の表面に付着したミュータンスなどの虫歯菌に糖質がつくとべたべたした菌体内多糖をつくりだし、歯に付着します。その状態をプラーク(歯垢)といいます。

プラークの中で砂糖や炭水化物が発酵して、酸ができ、蓄積します。その酸が石灰化した歯を溶かしていきます。

もう、虫歯をつくらない。健康イキイキ〜楽しい生活のために。

虫歯になったときの治療法

虫歯になった箇所を削りますが、削るにも限度があり、削る部分が多いと歯へのダメージが大きくなります。神経を取ったり、抜歯にならないように、まずは予防することが重要です。

もし虫歯になってしまっても早めに治療をすることで歯へのダメージを減らすことができます。

これ以上、虫歯にならないために

これ以上虫歯を増やさないためには、毎日の歯みがき(セルフケア)や、歯科衛生士が医院で行うクリーニング(プロのケア)、詰め物や被せ物にはむし歯になりにくい素材を選ぶということが重要です。

定期健診・クリーニングについて

虫歯リスクの少ない治療法を

これまで虫歯治療には銀歯やレジンなどが使われてきましたが、これらの素材は歯との適合があまりよくありません。歯と詰め物・被せ物の間に隙間ができ、そこから再度虫歯になってしまうことがあります。

精度のいいセラミックやゴールドなど、歯との適合が良い素材を使うことで、虫歯の再発の予防につながります。

虫歯になりにくい詰め物・被せ物

インレー(詰め物)とクラウン(かぶせ物)について

虫歯の治療では「インレー(詰め物)」と「クラウン(かぶせ物)」で治療する場合の大きく2種類に分けられます。

保険診療ではレジン(プラスチック)や銀合金などの材料で治療します。

歯と同じ形のものをつめます(インレー)

インレーとはどんな治療?

インレーの説明図

虫歯の穴のあいた部分やかけた部分をきれいに削り、削ったところに、元の歯と同じ形に、つめものをつめます。このつめもののことを「インレー」と言います。

インレーには色々な材質のものがあります

インレーを作る材質にはいろいろな材質があり、使用する材質によって、耐久性や見た目、歯への影響などが異なります。

一部の材料は保険の適用範囲外になります。

(◎は保険適用外の材料です。)

インレーの種類 ゴールド セラミック

インレーを選ぶときのポイント

ポイント1:

歯を長持ちさせるためには、歯とつめものとの間のすき間から虫歯にならないようなつめものを入れるのが理想です。

ポイント2:

歯材料によって見た目の色が違ってきます。

インレーの図 金 合金など

歯の根の治療後 前歯 奥歯のクラウン

クラウンとはどんな治療?

大きな虫歯を治療した時、残っている歯を保護するために、すっぽりと冠をかぶせていきます。このかぶせるもののことを「クラウン」と言います。

クラウンをしっかりと装着するために歯の根に土台を立て、そこに元の歯と同じ形に作ったクラウンをかぶせていきます。

クラウンの図

クラウンには色々な材質のものがあります

クラウンを作る材質にはいろいろな材質があり、使用する材質によって、耐久性や見た目、歯への影響などが異なります。

一部の材料は保険の適用範囲外になります。

(◎は保険適用外の材料です。)

前歯のクラウン レジン セラミック メタルボンド奥歯のクラウン レジン セラミック メタルボンド

奥歯のクラウンを選ぶときのポイント

ポイント1:

歯を長持ちさせるためには、歯とクラウンの間のすき間から虫歯にならないようなクラウンを入れるのが理想です。

ポイント2:

歯材料によって見た目の色が違ってきます。

白金加金 銀合金

ゴールドインレー・ゴールドクラウン

ゴールドインレー

最もむし歯になりにくい詰め物です。(奥歯に最適です)

ゴールドインレー

ゴールドインレー

ゴールドは、もちろん金(きん)ですが、金箔でよくわかるように、すごく伸びる性質を持っています。そのため詰め物と歯の間に隙間があきにくく、二次的なむし歯になる可能性が激減します。

ゴールドインレーのメリット

1. 良く伸びる性質があるので、歯との間に隙間がほとんどできす、二次的なむし歯になりにくい

2. ゴールドは金属アレルギーの心配が非常に少ない

3. 金属として安定してるので、銀歯のように溶け出して歯の変色を起こすことがない

4. 歯垢やバイ菌が付きにくいので衛生上良い

5. 硬さがやわらかく、噛み合う天然の歯に優しい


×ゴールドインレーのデメリット

1. 保険外治療になる

2. 白い色ではないので目立つ場所では使いにくい

ゴールドインレー

ゴールドクラウン

ゴールドクラウン

ゴールドは精密で細かい加工を求められるクラウンに適しています。周りの歯や歯茎にも適合性が良く、長く安全にご使用いただけます。

変色がないこともゴールドの特徴です。口の中でも安全であり咬む力に耐えることのできる素材です。

※ゴールドインレー・クラウンは保険適用外の材料です。

・歯の寿命を長く保つ

治療・処理に応じてカラット(※)を調整します。隣の歯や噛み合せる相手の歯などの健康な天然歯にも負担をかけません。

※カラット=金の含まれる割合、24K(24金)=純金

・歯にピッタリとおさまる

ゴールドは細かい設計が可能です。また、加工も容易なため歯にピッタリとおさまります。

・身体に優しい

ゴールドは最も化学変化の起こりにくい金属です。金属アレルギーが起こりにくく、腐食することもないため、安心して永い間ご使用いただけます。

むし歯は治療で治ったからといって安心してはいけません。
お口の中を清潔に保っていなければ他の歯も虫歯になる可能性があります。
当院では虫歯や歯周病予防のための、歯科衛生士による歯のクリーニングに力を入れております。
数か月に一度は歯のクリーニングを受けることをぜひ習慣づけてくださいね。

お気軽にご相談ください
Call:0668784500

受付時間:月〜土(日・祝休診) 9:00〜20:00

無料メール相談

治療費・方法・治療期間などをお答えします

初診予約はこちら

無料初診のご予約はお電話かメールでどうぞ

LINEで無料相談

LINEで簡単に無料相談ができます!

矯正歯科 インプラント LINEで無料相談 無料メール相談 メディア紹介履歴
診療科目
無料託児をしています
小児歯科
お悩み解決
ホワイトニング特集
ヒアルロン酸治療