歯科衛生士がお口の悩みに答えます
口臭・その他

親知らずが痛いのはなぜ?

親知らずが痛い原因と対処法まとめ

今回は「親知らずが痛い原因」について書いていきたいと思います。

▼親知らずを抜歯した後に痛みが出ている場合は、こちらを参考にしてください。

 

親知らずが痛い原因

 

歯磨きする女性

親知らずは一番奥に生えている歯であり、

磨きづらい

汚れが溜まりやすい

歯茎の炎症が起きやすい

痛みが生じやすい

です。それゆえに、親知らずが痛い原因は汚れが溜まり炎症が起きているからであることが多いです

歯科衛生士
歯科衛生士
決して悪い子じゃないんだけどね

 

親知らずが痛いときの対処法

親知らずのあたりが痛いのは歯垢(プラーク)などの汚れが原因であることが多いです。この場合は可能な範囲で丁寧に歯磨きをし、まずは清潔を保ちましょう

また歯科医院で診てもらい、痛み止め抗菌薬を処方してもらうのも正しい選択です。うがい薬の併用も効果的であると言えます。

 

親知らずの生え方はさまざま

 

書類を書いている人

親知らずは

①他の歯と同じようにまっすぐ生えている

②部分的に歯茎に埋まっている

③丸ごと全部歯茎に埋まっている(レントゲンでしか見えない)

④生まれつき存在しない

の4パターンがあります。

ちなみに私は親知らず4本のうち1本が①(まっすぐ生えている)、2本が②(部分的に歯茎に埋まっている)、もう1本が④(生まれつき存在しない)でした。まっすぐ生えている1本は今もいて、部分的に歯茎に埋まっていた2本だけ抜歯しました

特に②の部分的に歯ぐきに埋まっている状態だと、親知らずの周り・歯ぐきとの境目などに汚れが溜まりやすく、歯茎の炎症が起きやすくなります。

また①の他の歯と同じようにまっすぐ生えていても、一番奥にあるため歯ブラシが届きづらく、虫歯や歯茎の炎症が起こりやすいです。

 

親知らずが痛みを繰り返す場合は

 

痛みを繰り返すようなら抜歯を検討しましょう。上下の親知らずがまっすぐ生えていて、そこでものを噛むなど機能しているなら良いですが、そうでなければ親知らずはほとんど機能していない歯です。

炎症・痛みを繰り返しているならなおさら良いことはありません。歯茎の炎症だけでなく、虫歯になっている場合は手前の歯に影響することも

また親知らずが歯茎に埋まっている場合などは難しい抜歯となります。そのため町の歯医者では行わず、大学病院へ行くよう言われることもしばしば。

そしてやはり、年齢が若いほど抜歯後の治癒が早いです。そのため親知らずは早めに抜歯するべき歯であると言えます。

 

監修

歯科衛生士

医療法人真摯会
クローバー歯科クリニック
まつもと歯科

親知らずのお悩みはお気軽にご相談下さいね。LINE相談可。大阪梅田、なんば、心斎橋、吹田、豊中、神戸に医院があります。

LINEでの無料相談はこちらからどうぞ