歯科衛生士がお口の悩みに答えます
口臭・その他

歯ぎしり用マウスピースの種類・効果・値段まとめ

歯ぎしり用マウスピースの種類、効果、値段まとめ

今回は「歯ぎしり用のマウスピース」についてまとめていきます。

歯科衛生士
歯科衛生士
成人のうちおよそ80%が歯ぎしりをしていると言われています。

friend
friend
そのうち自覚できているのはわずか10%ほど!


歯ぎしりは多くが寝ている間など、無意識に行ってしまうもの。寝ている間の歯ぎしりは、家族などに指摘されてやっと自覚することができます。ただ指摘されても無意識に行っているものですから、どうしようもできないですよね・・・

そんなときに役立つのが、「歯ぎしり用マウスピース」です。

 

歯ぎしり用マウスピースの種類

女性

歯科衛生士
歯科衛生士
歯ぎしり用マウスピースには大きく分けて2種類あります。

歯科医院の歯ぎしり用マウスピース

メリット

しっかり歯型を取ってから作っていくので、歯や歯茎にぴったりフィットします。

デメリット

歯科医院で歯型を取ってから出来上がるまでに、1週間ほどかかることが多いです。そのため2回通う必要があります。他の治療の最後に歯型を取っておいて、次回来院した際ついでに受け取るという方も多くいます。

市販の歯ぎしり用マウスピース

メリット

歯科医院へ行く必要がないので費用を抑えられるのと、何より手軽な点がメリットです。

デメリット

市販のものでもおおむね歯の形に合ったものは作れるでしょう。しかし歯科医院で専用の機械を使って作ったものよりは、やはり精度が劣ります

歯科衛生士
歯科衛生士
合っていないマウスピースはつけない方がましです・・・

というのも、マウスピースをつけていない時よりも、合っていないマウスピースをつける方が歯に与えるダメージが大きいことがあるからです。

 

歯ぎしり用マウスピースの効果

STOP
 ①歯がすり減ったり割れるのを防ぐ

 ②顎関節への負担を和らげる

 ③頭痛肩こり腰痛が起こるリスクを軽減する

歯ぎしり用マウスピースは、歯にはめることにより上の歯と下の歯が当たったときの衝撃を和らげてくれます。つまり歯ぎしりや食いしばりをしてしまっても、何もつけていない状態より負担が軽いということ。これにより歯ぎしりによる歯や身体への影響を軽減してくれます。

歯科衛生士
歯科衛生士
覚えておきたいのはマウスピースは歯ぎしりを治すものではないということ。あくまで負担を和らげるためのものです。

 

歯ぎしり用マウスピースの使用方法

マウスピースとケース

歯科医院の歯ぎしり用マウスピース

歯科医院で出来上がったものを受け取るだけなので、あとは寝ている間や日中気になるときにはめて使用するだけです。

市販の歯ぎしり用マウスピース

市販の歯ぎしり用マウスピースは、お湯などで材料を温めて柔らかくし、自分の歯に合わせて固めるというものが多いようです。これを寝ている間や日中気になるときにはめて使用します。

 

歯ぎしり用マウスピースの値段

お金のイメージ

歯科医院の歯ぎしり用マウスピース

歯ぎしり用のマウスピースは保険適用であれば5000円程度で作れることが多いです。

市販の歯ぎしり用マウスピース

数百〜数千円と幅広いですが、歯科医院で作るよりは安価なものが多いです。

 

歯ぎしり用マウスピースについてまとめ

女性

いかがでしたか?

歯ぎしり治療に使われるマウスピースにも種類があり、それによって効果や感じる違和感などは変わってきます。それぞれのメリット・デメリットを理解した上で使い分けていくと良いでしょう。

 

 

監修

歯科衛生士

医療法人真摯会
クローバー歯科クリニック
まつもと歯科

歯ぎしりの原因や治療方法についてのご相談はお気軽にどうぞ。LINE相談可。大阪梅田、なんば、心斎橋、吹田、豊中、神戸に医院があります。

LINEでのご相談はこちらからどうぞ