歯科衛生士がお口の悩みに答えます
インプラント・入れ歯

インプラントやブリッジにする人ってどれくらいいるの?

インプラントとブリッジそれぞれの使用者割合

今回は「インプラントやブリッジにする人の割合」について書いていきます。

インプラントブリッジの特徴、メリット・デメリットの比較はこちら

https://matsumoto.or.jp/toothteeth/implant-bridge-core/

 

インプラントの割合について

アルファベット

インプラントがいかに良いものか説明されても、それが本当なのか、それで実際にインプラントを入れている人はどれくらいの割合でいるのか、気になりますよね。割合として知ることで、インプラント治療をもう一度客観視することができます

歯科衛生士
歯科衛生士
インプラントが日本に普及し始めたのは、1980年代と言われています。

インプラントを使用している人の割合

2012年に行われた厚生労働省の調査によると、インプラントを使用している人の割合は2.6%とされています。具体的な人数に換算すると、300万人近い方が歯のインプラントを入れているということ。

300万人と聞くと多いですが、まだまだ割合的には少ないです。インプラントはメリットが多くありますが、保険がきかないため費用が高額になります。またセルフケアも難しく、インプラントを入れた後のメンテナンスも重要です。ゆえに治療期間はほかの治療よりも長いです。

Friend
Friend
こういう説明をしっかり受けてから治療に入るとすると、なかなか覚悟がいるね

歯科衛生士
歯科衛生士
実際これらのことが、インプラントを入れている人の割合が低い原因となっているのかもしれません。

インプラントの特徴、メリット・デメリットはこちら

https://matsumoto.or.jp/toothteeth/implant-bridge-core/

インプラントを使用している人が多い年代

歯のインプラントを使用している人が、割合的に最も多かった年代は65〜69歳

インプラント治療を行う歯科医院は年々増加していることでしょう。しかしセルフケアに対する意識も年々高まってきているように思います。そのため、インプラントを使用する人の割合が今後劇的に増える・・・ということは考えられにくいかもしれません。

歯科衛生士
歯科衛生士
インプラントをどの歯科医院でやるか悩んだとき、歯科衛生士である私だったら、決め手は「保証の充実度」かなと思います。

インプラント治療の中で、最も重要なのは「メンテナンス」です。どんなに高級なインプラントを入れても、どんなに腕のいい歯科医師が手術をしても、メンテナンスを怠ればインプラントはすぐだめになります

またメンテナンスをどんなにしっかり行なっていても、手術がぱっちり成功しても、そのインプラントがだめになる可能性は0ではありません。それはどの治療においても言えることです。

せっかく費用をかけてインプラントを入れても、いずれだめになる可能性は否定できない。ゆえに、歯科衛生士の私だったら「保証の充実度」で歯科医院を選びます。

 

ブリッジの割合について

数字

歯科衛生士
歯科衛生士
インプラントよりも手軽で、身近に感じやすいのがブリッジです。

ブリッジを使用している人の割合

インプラントよりも手軽で身近であるブリッジブリッジを使用している人の割合は全体のおよそ35%と言われています。およそ2%というインプラントに比べると、ブリッジはかなりの割合で使用されています。

厚生労働省が行なっている調査からもわかるように、現段階では歯を失ったときの第一選択肢として選ばれるのがブリッジです。

Friend
Friend
保険もきくし、虫歯治療の延長ってイメージ!

ブリッジにもメリットがある分デメリットがあります。しかし基本的には保険がきき、インプラントのような手術も必要ありません。これらの点から、インプラントよりも選ばれやすいと考えられます。

ブリッジの特徴、メリット・デメリットはこちら

https://matsumoto.or.jp/toothteeth/implant-bridge-core/

ブリッジを使用している人が多い年代

歯のブリッジを使用している人が、割合的に最も多かった年代は65〜69歳

歯科衛生士
歯科衛生士
インプラントと同じ結果となりました。

ブリッジは両隣の歯を支えとして使用するもの。失った歯の本数が少ない場合(1本だけなど)に適用されます。それに対して、失った本数が多い場合は入れ歯が適用されます。

 

インプラントとブリッジを使用している人の割合まとめ

たまご

いかがでしたか?

✔︎インプラントを使用している人・・・2.6%

✔︎ブリッジを使用している人・・・35%

比較されることが多いインプラントブリッジですが、実際にそれらを利用している人の割合には大きな差が出ました。

利用者の割合が少ないインプラントが悪く、割合が多いブリッジが良い、というわけではありません。どちらにもメリットがあり、デメリットがあります。それにかかる費用手間などを考慮し、インプラントとブリッジの割合には大きな差が出ているのだと考えられます。

 

監修

歯科衛生士

医療法人真摯会
クローバー歯科クリニック
まつもと歯科

インプラント、ブリッジのお悩みはお気軽にご相談下さいね。インプラント無料相談、手術、静脈鎮静等。LINE相談可。大阪梅田、なんば、心斎橋、吹田、豊中、神戸に医院があります。

インプラントとブリッジの比較について詳しくはこちら