歯科衛生士がお口の悩みに答えます
インプラント・入れ歯

インプラントで失敗しない!歯科医院の選び方4つ

インプラントで失敗しない歯科医院の選び方

今回は「インプラントで失敗しない歯科医院の選び方」について書いていきます。

インプラント治療の失敗例

ハート

歯科衛生士
歯科衛生士
どの治療にも、良い面があれば悪い面もあります。

インプラント治療での失敗例はこちらでまとめています。

https://matsumoto.or.jp/toothteeth/implant-failure/

 

インプラントで失敗しない!歯科医院の選び方

歯科医院

Friend
Friend
歯科医院ってどこでも一緒じゃないの?

歯科衛生士
歯科衛生士
技術の進歩により、最近では歯科医院によって治療法が異なることも多いです。

 ①口腔外科の経験がある歯科医師がいるか

 ②インプラント治療の実績(本数など)はどうか

 ③インプラント設備は充実しているか

 ④インプラント治療後のケアがしっかりしているか

【歯科医院の選び方①】口腔外科の経験がある歯科医師がいるか

歯科衛生士
歯科衛生士
あくまで参考までに。

インプラントの治療は、ふつうの歯科治療と違って外科手術を伴います。そのためインプラントに関する知識がどれだけ豊富にあっても、外科手術(口腔外科)に関する知識・経験がなければインプラント治療ができません。

また口腔外科という分野は特に、知識だけではどうにもならない、経験がものを言う分野です。ゆえに口腔外科医としての経験を持った歯科医師がいる歯科医院だとより安心です。

【歯科医院の選び方②】インプラント治療の実績(本数など)はどうか

インプラントに限らず、その歯科医院・歯科医師の経験量を知るためには、やはり数字による実績が頼りになります。年間どれくらいの患者さんに対して、どれくらいの本数のインプラントを扱っているのか?「○本の実績あり」というのは、その歯科医院を詳しく知らなくてもわかりやすいですよね。

しかし仮に実績本数が多いと主張していても、とても簡単な症例ばかりをかき集めている可能性もあります。数字による実績はとても頼りになりますが、数字が全てではないということも知っておきましょう。

歯科衛生士
歯科衛生士
インプラントの本数だけでなく、さまざまな症例や患者さんへの対応力があるかが重要となります。

【歯科医院の選び方③】インプラント設備は充実しているか

その歯科医院において、インプラントに関する設備が充実しているかどうかはとても重要です。

 ✔︎手術室があるか

 ✔︎CTがあるか

 ✔︎滅菌設備が整っているか

【インプラント設備(1)】手術室があるか

先述のとおり、インプラント治療は歯茎を切ったり、歯を抜いたりといった外科手術をともないます。外科手術は患者さんの感染症などを防ぐため、清潔が徹底された空間で行われるべきです。そのため虫歯の治療など、ふつうの治療を行うのとは別に手術室があると安心です

歯科衛生士
歯科衛生士
そうは言っても、手術室がない歯科医院の方が圧倒的に多いのが現状です。

インプラントの手術をを行う前に診療スペースを徹底的に清潔にしているか、歯科医院内は清潔が保たれているかなど、清潔に対する意識がしっかりあれば手術室でなくとも問題はないでしょう。

感染の原因となる細菌やウイルスは目に見えないもの。だからこそ軽視せず、徹底した対策を行なっていることが条件となります

【インプラント設備(2)】CTがあるか

歯科衛生士
歯科衛生士
CTは、インプラント治療をするにあたってとても重要です。

CTは、ふつうのレントゲンとは別物です。ふつうのレントゲンでは2次元的(平面的)にしか見ることができませんが、CTは3次元的(立体的)に見ることができます。これによりあごの骨の厚み密度など、インプラント治療に欠かせない情報を、明確に把握することができるのです

歯科衛生士
歯科衛生士
医科用CTと歯科用CTがありますが、骨の密度を知るのにより正確なのは「医科用」CTと言われています。


【インプラント設備(3)】滅菌設備が整っているか

歯科衛生士
歯科衛生士
「滅菌」とは、文字通り菌を全滅させることです。

滅菌とは

熱・薬品・放射線などで細菌を死滅させること。殺菌と同義だが,医療器具などを完璧に殺菌する場合は滅菌ということが多い。

引用 コトバンク

ちなみにインプラント手術に限らず虫歯や歯周病治療などにおいても、使用する器材は必要に応じて滅菌されています。中でもインプラントは外科手術をともなうものであり、手術室など空間が清潔であるだけでなく、使用する器材が滅菌されていなければなりません。むしろ器材こそ直接患者さんに触れるもの・体内に入るものなので、滅菌されていることが大前提となります

歯科衛生士
歯科衛生士
極論ですが、たとえば滅菌されておらず、細菌が付着したメスを使うとどうなるでしょう?


細菌は目に見えませんが、メスに付着していた細菌は体内に入り込んでいきます。その細菌は血液に乗って全身にまわり、感染症を引き起こす原因となります。

このようなリスクをなくすためにされるのが「滅菌」です。インプラントそのものはもちろんのこと、メスやピンセット、ガーゼ、手術着など滅菌されるべきものは多くあります。器材の材質によって耐熱温度がありますので、器材によって滅菌方法を使い分けます。

歯科衛生士
歯科衛生士
目に見えないものだからこそ、しっかり滅菌を行なっているかは重要な要素です。

また滅菌には専用の機械が必要で、取り扱いにも時間や手間がかかります。しかしそれでもしっかりとした滅菌を徹底している歯科医院であれば、感染面でも信頼ができます。

【歯科医院の選び方④】インプラント治療後のケアがしっかりしているか

歯科衛生士
歯科衛生士
もちろん定期的に通うと言っても毎日ではありませんので、一番重要なのは患者さんご自身によるセルフケアとなります。

インプラント治療後も歯科医院に定期的に行き、メンテナンスを受けることはインプラントを長持ちさせるために重要です。虫歯などと同じで、定期的に通院していれば、もしインプラントにトラブルが生じてもすぐに対処することができます。

インプラントの処置だけでなく、インプラント治療後のメンテナンスにも力を入れているかどうかが、歯科医院選びのポイントと言えます。

歯科衛生士
歯科衛生士
インプラントをどの歯科医院でやるか悩んだとき、歯科衛生士である私だったら、決め手は「保証の充実度」かなと思います。

 

インプラントで失敗する確率

コーヒー

歯科衛生士
歯科衛生士
上あごのインプラントを入れるときと、下あごにインプラントを入れるときとでその成功率は変わってきます。

インプラントの成功率は、インプラント治療を行う医院のレベルや、部位によっても異なりますが、およそ97%です。インプラントの失敗とは、インプラントが定着せずにすぐ抜けてしまったり、一年程度で機能できないほど動揺する等です。

引用 インプラント相談事務局

ゆえにインプラントで失敗する確率は数%。人間の手で行われる手術であるゆえ、成功率100%とはなりません。

 

インプラント治療で失敗しない歯科医院の選び方まとめ

若い男女

いかがでしたか?

インプラントを扱っている歯科医院は数多くあり、その中から失敗しない歯科医院を選ぶのは簡単なことではありません。今回いくつか挙げた項目を、歯科医院選びの参考にしてみてください。

 

監修

歯科衛生士

医療法人真摯会
クローバー歯科クリニック
まつもと歯科

インプラント、ブリッジのお悩みはお気軽にご相談下さいね。インプラント無料相談、手術、静脈鎮静等。LINE相談可。大阪梅田、なんば、心斎橋、吹田、豊中、神戸に医院があります。

インプラントの不安を解消 失敗しない?