歯科衛生士がお口の悩みに答えます
インプラント・入れ歯

歯インプラントのメリット ・デメリット

インプラントとは?メリット・デメリットまとめ

今回は「インプラントのメリット ・デメリット」などについて書いていきたいと思います。

 

歯のインプラントのメリット ・デメリット

 

インプラントの模型

歯のインプラントのメリット

歯のインプラント治療は歯の被せ物、入れ歯と違って、元々の自分の歯に近い機能審美生(見た目の良さ)を保つことができます。また、基本的にはインプラントを入れる部分以外に負担がかかることはありません。

歯のインプラントのメリット

・元々の自分の歯と変わらずに使える
・他の歯に負担がかからない

歯のインプラントのデメリット

先述のように、歯のインプラントは顎の骨に歯の根っこの代わりとなるもの(=インプラント体)を埋め込むので、そのための手術が必要となります。その手術や侵襲(=生体内部へ刺激を与える・傷を与えること)のために、顎の骨の骨量が減ったり、骨の質に影響が出ることがあります。また手術からケア期間を考慮すると当然ですが治療期間は長くなります。加えて、歯のインプラントは保険がきかないので治療費が高額となります。

歯のインプラントのデメリット

・手術により歯の骨に影響が出る可能性
・治療期間が長い
・治療費が高額

歯のインプラント治療には以上のようなデメリットもあるので、「どの歯科医院でやってもらうか」というのはとても重要です。

 

歯のインプラント治療が受けられない人

 

男性

18歳未満の方

成長途中の子供には基本的には歯のインプラント治療は行いません。なぜなら、現在の歯のインプラントは顎の骨に埋め込むと顎の骨と結合します。そのため、顎骨の発育に伴って顎の骨の中に埋まっていってしまうからです。危険ですよね。

一般に女性は18歳、男性は20歳くらいになると骨の成長が止まると言われています。そのため歯のインプラント治療を始めるのであればそれ以降が良いでしょう。現在歯のインプラント治療は、歯がなくなりやすい40歳後半〜60歳代が中心となっています。高齢者でも手術を受けられるような健康な方であればインプラント治療を受けることが可能です。

全身疾患のある方

心疾患などで症状が重い方・状態の安定していない方、糖尿病の方などは歯のインプラント治療を受けるのは難しいでしょう。糖尿病にかかっていると、手術後の傷の治りが悪く術後感染のリスクが高いからです。そのため血糖値がコントロールされていない場合、コントロールされるまで治療は延期する必要があります

そのほか骨粗鬆症(=骨密度が低くなる)は、インプラントを支える骨の硬さが十分でないことが考えられるためリスクはあります。しかし顎の骨に埋め込むインプラント体の埋め方や、インプラント体の種類を選ぶことによって対応が可能です。

加えて骨粗鬆書の治療薬としてビスフォスフォネート製剤を使用している場合は注意が必要です。ビスフォスフォネート製剤を使用していない方に比べて、手術後に顎の骨が壊死するリスクが高いからです。しかしビスフォスフォネート製剤<の種類を変えたり、期間を調整することによっては歯のインプラント治療が可能になります。歯科医師と、骨粗鬆症の方の主治医双方に相談することが必須です。

金属アレルギーのある方

歯のインプラント治療にはさまざまな金属が使われます。顎の骨に金属のインプラント体を埋め込むわけですから、金属に対してアレルギーがあれば大変なこと。あらかじめパッチテストなど検査を受けておくと安心でしょう。

喫煙をされている方

喫煙は歯科に限らず、全身においても良い影響はありません。もちろん喫煙者の方もわかった上で喫煙しているとは思います。喫煙をすると全身の血液の流れが悪くなります。そのため喫煙は、手術後に傷の治りが遅くなる原因となります。そのため歯のインプラント治療期間中、また治療終了後でも喫煙は悪影響を及ぼすため禁煙を続けていく必要がありますね。

 

インプラントのメリット・デメリットまとめ

 

手

いかがでしたか?

インプラントに限らず、どの治療においてもメリットがあれば必ずデメリットもあります。デメリットまで理解した上で、治療を受けるか決めましょう。

 

監修

歯科衛生士

医療法人真摯会
クローバー歯科クリニック
まつもと歯科

インプラントのお悩みはお気軽にご相談下さいね。LINE相談可。大阪梅田、なんば、心斎橋、吹田、豊中、神戸に医院があります。

インプラントのメリット・デメリットについてもっと詳しく