歯科衛生士がお口の悩みに答えます
インプラント・入れ歯

歯のインプラントは痛いのか?治療の流れ

インプラントは痛い?痛みの原因、治療の流れ

今回は「歯のインプラントは痛いのか?治療の流れ」について書いていきたいと思います。

①歯のインプラントの基本的な構造
②歯のインプラントのメリット ・デメリット(前歯・奥歯)

についてはこちらで詳しくまとめています。

③歯のインプラント費用平均
④歯のインプラントに保険適用がされる条件
⑤安心の世界4大有名メーカー

についてはこちらで詳しくまとめています。

歯のインプラント治療の流れ

 

治療器具

歯のインプラント治療の流れは、おおまかに次のようになります。

 ①カウンセリング

②検査・診断・説明

③術前の処置

一次手術二次手術

⑤仮歯や上部構造の製作・セット

メンテナンス

【インプラント治療の流れ①】カウンセリング

どこをインプラントにしたいか、インプラントに求めるもの、インプラントに対するイメージなど、問診を通してカウンセリングしていきます。これを元に現在のお口の中の状況に合わせて、1人1人に合った治療計画を立てていきます。この最初のカウンセリングで今後のインプラント治療が決まってきます。悩みや相談したいこと、費用のことも遠慮なく質問しましょう。

【インプラント治療の流れ②】検査・診断・説明

歯のインプラント治療を受けることが決まったら、予約を取ってレントゲン撮影やCT撮影などお口の中の検査を行っていきます。あわせて現在のお口の中の虫歯や歯周病の状態、歯並びなども確認した上で、今後の治療計画・内容を決めていきます

【インプラント治療の流れ③】術前の処置

歯のインプラント治療は抜歯などと同様、れっきとした外科治療。それを行う前に歯石を取ったり虫歯を治したり歯周病を改善させたり、お口の中全体を良好な状態へ持っていきます。これはインプラント治療(=外科治療)の予後を良くしたり、手術後の感染症を予防することに繋がります。

【インプラント治療の流れ④】一次手術・二次手術

インプラント治療では手術を1回するのと2回するのと2種類あります。顎の骨の量が十分にあり、しっかりしている場合は1回法でも問題ありません。逆に顎の骨の量が少なく、骨移植が必要だったり骨が軟らかい場合には2回法が行われます。今回は2回法の説明をしていきます。

インプラント治療の一次手術では、インプラントを埋め込むための穴を顎の骨にあけ、インプラントを埋め込みます。その後上にキャップをかぶせたら歯茎で覆います。二次手術よりも一次手術の方が侵襲は大きいです。一次手術が終われば山場を超えたと思って良いでしょう。一次手術と二次手術の間は、状態にもよりますが3〜6ヶ月ほどあけてインプラントと顎の骨がくっつくのを待ちます。

インプラント埋入直後

二次手術は一次手術でかぶせておいたキャップを取り外し、歯茎の治りを良くするための専用キャップをかぶせます。その後、歯茎の治りの状態を見てから上部構造(=ものを噛んだり実際に歯の代わりになる部分)の製作に移っていきます。

インプラントアバットメント装着

【インプラント治療の流れ⑤】仮歯や上部構造の製作・セット

型取りの後アバットメント(=土台)、上部構造(=ものを噛んだり実際に歯の代わりになる部分)をセットしていきます。これで完成となります。

インプラントの構造

【インプラント治療の流れ⑥】メンテナンス

インプラントを実際に歯のように使えるようになっても、1〜2ヶ月に1回は歯科医院に行ってメンテナンスを受けましょう。歯のインプラントは自分の歯よりも管理・清潔を保つのが難しく、プロによるケアが必須となります。これがインプラントが長持ちさせるコツです。

歯のインプラントは痛い?

女性スタッフ

歯のインプラントを検討されている方にとって、治療による痛みがあるのか気になるところだと思います。

歯のインプラント治療において痛みが心配になるのは、やはり手術でしょう。手術は、該当部位にしっかり麻酔を行なってから手術を始めていきます。全身麻酔が必要になるような痛みを感じることはあまりありません

「以前歯の治療で麻酔が効きにくかった」と言う患者さんもしばしばいらっしゃいます。歯の治療において麻酔が効きにくいのは体質などではなく、歯茎が炎症を起こしている場合や強い緊張によるものが多いです。力を抜いて、リラックスした状態で治療を受けましょう

歯科衛生士
歯科衛生士
インプラントをどの歯科医院でやるか悩んだとき、歯科衛生士である私だったら、決め手は「保証の充実度」かなと思います。

インプラント治療の中で、最も重要なのは「メンテナンス」です。どんなに高級なインプラントを入れても、どんなに腕のいい歯科医師が手術をしても、メンテナンスを怠ればインプラントはすぐだめになります

またメンテナンスをどんなにしっかり行なっていても、手術がぱっちり成功しても、そのインプラントがだめになる可能性は0ではありません。それはどの治療においても言えることです。

せっかく費用をかけてインプラントを入れても、いずれだめになる可能性は否定できない。ゆえに、歯科衛生士の私だったら「保証の充実度」で歯科医院を選びたいです。

 

監修

歯科衛生士

医療法人真摯会
クローバー歯科クリニック
まつもと歯科

インプラントのお悩みはお気軽にご相談下さいね。LINE相談可。大阪梅田、なんば、心斎橋、吹田、豊中、神戸に医院があります。

インプラントは痛い?腫れる?