矯正用マウスピースの洗い方のコツ!

 

 

今回は「矯正用マウスピースの洗い方」について解説します。

 

矯正用マウスピースの洗い方のコツ

 

【矯正用マウスピースの洗い方①】お湯は使わない

 

矯正用マウスピースを外したら、まずは流水下でおおまかな汚れを落とします。このとき使ってはいけないのはお湯。熱によりマウスピースが変形してしまうので、水かぬるま湯(〜40℃)で洗い流します。

 

【矯正用マウスピースの洗い方②】歯ブラシや歯磨き粉は使わない

 

マウスピースを洗うときはで優しく洗います。歯ブラシや歯磨き粉は使わないようにしましょう。歯ブラシの毛の硬さや、歯磨き粉に含まれる研磨剤によってマウスピースが傷つく恐れがあるからです。

 

マウスピースの表面に傷がつくと、細菌が付着しやすくなります。目には見えないほどの傷でも、細菌にとっては大きな凹みとなります。その凹みに細菌が住み着くのです。

 

【矯正用マウスピースの洗い方③】汚れの溜まりやすい部分を意識する

 

歯科医院で作った矯正用マウスピースは、歯の形に合わせて作られているので凸凹があります。

 

くぼんでいる所は汚れが溜まりやすいので特に丁寧に洗います。指だけで届かなければ、柔らかい歯ブラシなら使用しても良いです。歯磨き粉はつけないようにしましょう。

 

矯正用マウスピースは基本的に1日中ずっとつけておくもの。そのマウスピースに細菌がついていると、歯にダメージを与え続けることになります

 

歯科衛生士
歯科衛生士
きれいになるためのマウスピース矯正なのに、本末転倒ですよね。

 

そのため矯正用マウスピースはしっかり洗うようにしましょう。

 

【矯正用マウスピースの洗い方④】しっかり乾燥させる

 

これはタオルなどと同じですね。生乾きの状態で放置すれば細菌が増えます。しかり乾燥させましょう。おすすめの方法は、保管用ケース内にティッシュを敷き、その上にマウスピースを置き、ケースのフタは開けて乾燥させます。

 

 

ケース内でないと不衛生である上に、マウスピースを無くしたりマウスピースが割れる原因となります。

 

▼矯正用マウスピースを無くしたり割れたりした場合の対応方法はこちらでまとめています。

こんな時どうする?矯正用マウスピースを無くした・割れた等のトラブル!
こんな時どうする!?矯正用マウスピースを無くした・割れた等のトラブル対処法を解説!

 

矯正用マウスピースの洗い方まとめ

 

いかがでしたか?

 

矯正用マウスピースは毎日使うものだからこそ、できる限り清潔を保ちたいもの。マウスピースについた細菌は目に見えないため、余計不安になりますよね。

 

歯並びを気にされている方は、清潔も気にされる方が多いと思います。今回ご紹介したコツや洗浄剤を上手く利用して、快適なマウスピース矯正生活を送りましょう♪

 

監修

医療法人真摯会
クローバー歯科クリニック
まつもと歯科

歯列・歯並び・ 咬み合わせのお悩みなら。マウスピース、インビザライン、裏側、小児矯正等。LINE相談可。八重歯、出っ歯、受け口の治療など得意です。大阪梅田、なんば、心斎橋、吹田、豊中、神戸に医院があります。お近くの医院のご相談下さい。

マウスピース矯正についてもっと詳しく
トップへ戻る