歯科衛生士がお口の悩みに答えます
医療法人真摯会の歯科衛生士がわかりやすく解説
口臭・その他

大学病院で親知らず抜歯にかかる費用は?

親知らずの抜歯にかかる費用(大学病院)

 

 

今回は「親知らずの抜歯にかかる費用」について解説します。

 

親知らずの抜歯にかかる値段・費用

 

 ✔︎地域の歯科医院・・・医院によって異なる

 ✔︎大学病院・・・おおむね9000円前後

 

私は大学病院に勤務していましたが、初回から検査、抜歯、消毒、抜糸まで合わせておおむね1万円いかないくらいです。

 

地域の歯科医院では手に負えないような抜歯や、高血圧や心臓病などがある場合は大学病院での抜歯となります。

 

歯科衛生士
歯科衛生士
代表的なのは歯茎に埋まっている、親知らずの抜歯ですね。

 

 

大学病院での抜歯の流れと費用

 

Friend
Friend
大学病院でのおおまかな流れをご紹介します。

2回目

受付 → 抜歯 → 消毒日の予約

 

3回目以降(状態により回数が異なる)

受付 → 消毒・創部の洗浄・抜糸 →終了

 

 

1回目(初診日)

 

おおまかな流れ

 

受付 → 診察(+CT・レントゲン撮影)→ 抜歯日の決定・予約

 

かかる費用

 

検査の種類によっても変わってきますが、1回目はおおむね1000〜6000円ほどの費用がかかります。

 

地域の歯科医院からの紹介状がなくても、大学病院で診てもらうことはできます。しかし紹介状がある場合と、紹介状がない場合ではかかる費用が変わってきます。紹介状を持っている方がスムーズでかつ安いです。

 

2回目(抜歯当日)

 

おおまかな流れ

 

受付 → 抜歯 → 消毒日の予約

 

かかる費用

 

抜歯当日かかる費用はおおむね1000〜3000円です。親知らずの生え方によって抜歯の費用は変わってきます。抜歯の目的なさまざまですが、歯並び矯正のための抜歯であれば保険がききません。そのためさらに費用がかかります。

 

3回目以降(消毒・抜糸など)

 

おおまかな流れ

 

受付 → 消毒・洗浄・抜糸

 

かかる費用

 

3回目以降は抜歯したところの消毒や抜糸です。1回あたり1000円かからないことが多いでしょう。

 

抜歯したところの治り具合にもよりますが、抜歯後1週間ほどで抜糸となります。その後も消毒・経過を確認し、治り次第大学病院の役目は終了となります。

 

大学病院では紹介状に記載の内容のみ行うのが基本です。そのため親知らずの抜歯・診察が終了したら、元の地域の歯科医院へ戻るよう指示を受けます。

 

 

親知らずの抜歯にかかる費用まとめ

 

いかがでしたか?

 

大学病院、となると急に緊張される方も多いようです。今回ご紹介したのはあくまで目安です。基本的には保険がききますが、念のため多めに準備して行くことをおすすめします。紹介状をもらった場合はそちらも忘れずに。

 

監修

歯科衛生士

医療法人真摯会
クローバー歯科クリニック
まつもと歯科

親知らずのお悩みはお気軽にご相談下さいね。LINE相談可。大阪梅田、なんば、心斎橋、吹田、豊中、神戸に医院があります。

LINEでの無料相談はこちらからどうぞ