歯科衛生士がお口の悩みに答えます
口臭・その他

唾液にはどんな効果がありますか

水を飲む女性

唾液はお口の中で分泌される液体で、唾液腺と呼ばれる唾液を作り出す導管からお口の中へと放出されます。唾液の成分はほぼ水分ですが、それに加えて様々な種類の酵素や電解質で構成されます。

唾液の働きとは?

唾液には多くの働きがあり、会話や食事、口内環境を健康な状態に整える等は、唾液の様々な作用によります。

①潤滑作用

歯茎や舌などの粘膜を潤して保護し、頬との張り付きを防止します。それによって喋りやすい状態を保つことができ、発声も滑らかになります。

②食べ物を咀嚼しやすくする

唾液の水分と粘膜が食べ物を咀嚼しやすく、飲み込みやすい状態にして、食事を快適にする作用があります。

③消化作用

唾液が食べ物に含まれるデンプンを分解して糖に変え、胃腸の負担を軽減させます。お米を噛むとほんのり甘く感じるのも、唾液に含まれる酵素の働きによるものです。

④抗菌作用

口内に入った最近の活動を抑え、増殖を防いでくれます。

⑤洗浄作用

唾液はお口の中の食べ物や歯についた菌を洗い流し、口の中をきれにして清潔な口腔環境を維持してくれます。

⑥酸性になった口内を中性にする作用

酸性に傾いた口内を中性に戻す働きがあります。

⑦口内の保護

唾液が膜となって歯や歯ぐき、頬の内側を保護して刺激から守ります。

⑧組織の修復

歯ブラシによって出来た歯茎の傷や、熱い物を食べてやけどをしたときなどに、口内の傷の修復を促す作用があります。

唾液を増やすためにはどうすればいいの?

唾液をたくさん出すためには以下のようなことが効果的です。

  1. 水分を補給する
  2. ガムを噛む
  3. しっかりと噛んで食事する
  4. 舌を動かす
  5. 唾液腺マッサージを行う

唾液の減少に注意しよう

唾液の分泌は夜間に少なくなります。そのため眠っている間に口の中で細菌が繁殖しやすく、朝起きると口の中がネバついたり、口臭が起こったりしがちです。それを防ぐには就寝前にていねいにセルフケアを行いましょう。

唾液の分泌量は、ストレスや疲れ、加齢などに伴って減少することがあります。食事の時によく噛むようにすると、唾液が分泌されます。酸っぱいものを食べることでも唾液の分泌を促しますので、梅干しなどの酸っぱい食べ物を摂るのもおすすめです。

唾液腺のある場所を軽く指でマッサージすると、唾液の分泌が促されます。舌を動かすのも良いでしょう。

まとめ

唾液が減少すると、唾液の持つ様々な働きが低下してしまいます。唾液の分泌が減ることで、食べ物や汚れが口や歯に残りやすくなったり、食後いつまでも口内が酸性の状態になっていたり、エナメル質の脱灰も進みやすくなり、歯茎や粘膜も傷つきやすくなります。つまり唾液の減少は口内の乾燥を招き、虫歯や歯周病のリスクを高めることに繋がります。

https://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/dry-mouth/symptoms-causes/syc-20356048