歯科衛生士がお口の悩みに答えます
医療法人真摯会の歯科衛生士がわかりやすく解説
ホワイトニング・定期健診

歯科医院でのホワイトニングは保険がきく?

 

今回は「歯科医院でのホワイトニングは保険がきくか」についてまとめていきます。

 

歯科医院でのホワイトニングは保険がきく?

 

Friend
Friend
歯科医院で歯を白くする方法はいくつかあります。

 

ホワイトニングは保険がきかない

 

歯科衛生士
歯科衛生士
・オフィスホワイトニング
・ホームホワイトニング
・デュアルホワイトニング
・ウォーキングブリーチ
これら「ホワイトニング」は、保険がききません。


 

歯科で行うホワイトニングの料金は2〜5万円ほどで、保険がききません。そのため費用は高額となります。

 

歯のマニキュアも保険がきかない

 

ホワイトニングと並んで紹介されることが多い「歯のマニキュア」。これは名前通り、歯の表面に白い塗料を塗ることで歯を白く見せるものですが、ホワイトニングと同様保険がききません前歯6本で1万円前後など、セットになっていることが多いです。

 

市販されているものもありますが、歯科医院の方が持ちが良くカラーバリエーションも豊富です。

 

セラミックなど白い被せ物も保険がきかない

 

歯を削って人工の被せ物をすることで、歯を白くする方法もあります。ただこちらも保険がききません歯1本あたり数万〜十数万するので、歯を白くするという意味では最も費用がかかります。

 

Friend
Friend
ただなりたい色を選べて、かつ歯並びを治せるというのはセラミックしかないのかナ?

 

歯科衛生士
歯科衛生士
被せ物が入るまでは1週間ほどかかるのが一般的でしたが、その常識を覆す歯科医院が現れました。が、歯科医院により日数は違います。まずは相談ですネ。

 

型取りは歯科医師の仕事ですが、その型をもとに被せ物を作るのは歯科技工士の仕事。歯科技工士は基本的に歯科医院ではなく、歯科技工所にいることが多いですが、歯科医院にいる歯科技工士もいます。

 

つまり歯科医院でとった歯型を、歯科技工所に持って行かなくてはいけません。毎日歯科技工所に行くわけにもいかないので、歯科医院ごとに曜日を決めて運搬していることがほとんどです。歯科医院(院内ラボ)に歯科技工士がいたら、かかる日数も短くなることもあります。

 

Friend
Friend
つまり被せ物を外部委託している歯科医院は時間がかかるってことね!

 

歯のクリーニングは保険がきく

 

歯科衛生士
歯科衛生士
ホワイトニングでなくても、歯科医院で歯を白くする方法があります。

 

歯の着色であったりタバコのヤニであれば、歯のクリーニングで落とすことができます。歯の色の原因が着色やヤニであれば、クリーニングにより歯を白くすることができます。

 

ただ歯のクリーニングは、虫歯や歯周病であったり何かしらの病名・診断がついていないと保険がききません。「歯をきれいにしてほしいからクリーニング」という場合は保険がききませんが、虫歯・歯周病を治すためのクリーニングであれば保険がきくということです

 

保険がきけば、歯のクリーニングは3000円~4000円前後で受けられます。

 

できる限り安く歯を白くする方法

 

市販のホワイトニング用品を使う

 

Friend
Friend
一番手軽で安価!


 

最近では「歯を白くする」と書かれた歯磨き粉や歯の消しゴム、歯のマニキュアなどさまざまなホワイトニング用品が市販されています。最も手軽で安価なため試しやすいのが嬉しいですよね。

 

ただ歯科医院で行うホワイトニング方法と比較すると、その効果は歴然です。ちょっとした着色や茶渋、くすみなどを取りたい場合であれば市販品も活躍するでしょうが、歯そのものの色を白くすることはできません

 

気を付けてほしいのは、市販品の中に入っている研磨剤。一瞬白くなっても無理に力を入れてこすり、エナメル質(歯の表面)を傷つけて着色してしまうこともあります。

 

サロンでホワイトニングを行う

 

市販のホワイトニング用品の次に手軽で安価なのがこちら。最近かなり増えてきているホワイトニングサロンでホワイトニングを行う方法です。料金は数百円〜と、歯科医院のホワイトニングに比べると圧倒的に安いです。

 

ただこちらも着色やくすみを取りたい場合であれば効果的ですが、歯そのものの色を白くすることはできません。詳しくは以下でまとめています。

 

セルフホワイトニングの効果、歯科医院・歯医者との違いまとめ
セルフホワイトニングは効果がない?歯科医院との違い   今回は「セルフホワイトニングの効果」について書いていきます。   セルフホワイトニングとは       サロンで行うセルフホ...

 

ホワイトニング専門医院に行く

 

私もホワイトニングをするまでは、歯を白くしたくてさまざまな市販品やクリーニングを試しました。しかしどれも効果がなく、期待してはショックを受け、期待してはショックを受けの繰り返し。その後悩んだ末に受けたホワイトニングで、やっと白い歯を手に入れることができました。

 

歯科衛生士
歯科衛生士
悩んだ理由は、やはりその「料金」です。

 

最近ではどこの歯科医院でもホワイトニングを受けることができます。ただホワイトニングは保険がきかない=自由診療のため、歯科医師が自由に料金を決めることができます。自由に料金を決められるゆえ、やはり高額に設定されていることが多いです

 

歯科医院でホワイトニングを受けるとき保険証はいる?

 

保険証は保険がきくときに提示するもの。ゆえに歯科医院でのホワイトニングは、保険がきかないので保険証は必要ないのですが、歯に歯石や着色が沢山付着しているとクリーニングが優先になることがあり保険証は念の為持参することをおすすめします。

 

 

歯科医院でのホワイトニングは保険がきくかまとめ

 

いかがでしたか?

 

ホワイトニングで歯が白くなると、見た目の良さはもちろん相手に清潔感を与えることができます。ただその分保険がきかず、費用がかかってしまうのが悩みどころ。

 

まずは市販のホワイトニング用品やホワイトニングサロンなどを試してみて、効果が得られなければ歯科医院でホワイトニング、というのも良いかもしれません。その中でも「ホワイトニング専門医院」であれば安くて効果の高いホワイトニングを受けられるので、歯科衛生士目線で見てもおすすめです。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

それぞれの歯科医院で使用しているホワイトニングメーカー、材料も違うので自分に合うものをさがしてみて下さいネ。

 

監修

歯科衛生士 坂上明美

医療法人真摯会
クローバー歯科クリニック
まつもと歯科

【所属学会】
日本歯周病学会
日本審美歯科学会
日本医療機器学会
日本アンチエイジング歯科学会
【資格】
スイスデンタルアカデミーエキスパート
第2種滅菌管理士
ホワイトニングコーディネーター
デンタルコーディネーター

ホワイトニングについてもっと詳しく