歯科衛生士がお口の悩みに答えます
ホワイトニング・定期健診

ホワイトニングで痛いのはいつまで?対処法は?

今回は「ホワイトニングで痛いのはいつまで?痛みへの対処法」について書いていきます。

ホワイトニングで痛いのはいつまで?

女性

ホワイトニングで歯や歯茎が痛いと感じても、数時間〜数日すればおさまることが多いです。ただいつになっても痛みが引く様子がないとき、あまりに耐えられないときは歯科医院に相談しましょう

 

ホワイトニング後に痛いときの対処法

水のイメージ

Friend
Friend
実際にホワイトニングをして、痛みを感じてしまった場合は?

歯科衛生士
歯科衛生士
痛いと感じても、数時間〜数日でおさまることが多いです。

 ①痛み止めを服用する

 ②熱すぎるもの冷たすぎるものを口にしない

 ③知覚過敏用の歯磨き粉を使用する

 ④知覚過敏抑制剤を使う

【対処法①】痛み止めを服用する

ホワイトニング後に歯・歯茎が痛いと感じても、数日我慢すれば治ることがほとんどです。しかしどうしても我慢できない、痛みに耐えられないという場合は、痛み止めを服用するのも一つの手です。歯科医師に相談したのち服用しましょう。

【対処法②】熱すぎるもの・冷たすぎるものを口にしない

歯科衛生士
歯科衛生士
わたしはアイス食べられないくらい知覚過敏(常時)です・・・

冷たいもので歯が痛い・しみるという症状は想像しやすいと思います。実は逆に熱いものでも同様で、ホワイトニングなどで歯が敏感になっている場合は、熱いものでも歯の痛みにつながることがあります

ホワイトニング後の痛みを助長させたくないのであれば、熱すぎたり冷たすぎるものは口にしない方が良いでしょう。

【対処法③】知覚過敏用の歯磨き粉を使用する

知覚過敏用の歯磨き粉は、歯の表面をコーティングする作用があります。

ホワイトニングによる痛みを予防するのと同じで、このような歯磨き粉を普段から使っていると、ホワイトニングで痛いと感じるリスクを下げることができます。

あとフッ素濃度が1450ppm入っている歯磨き粉を選ぶのも効果あります。

 

ホワイトニングの痛みを予防する方法

横顔の女性

Friend
Friend
そうは言っても、できることなら痛みを防ぎたい!

基本的にはホワイトニングで感じる痛みは、「知覚過敏」からくるものです。そこに対処しておけば、ホワイトニングで痛いと感じるリスクを下げておくことができます。

 ①虫歯の治療をしておく

 ②象牙質が露出している部分を覆っておく

 ③知覚過敏用の歯磨き粉を使用する

 ④濃度に種類があるので低濃度のホワイトニングジェルからホワイトニングをして行く

【予防法①】虫歯の治療をしておく

虫歯があるとホワイトニング剤がしみやすくなるため、ホワイトニングよりも虫歯の治療を優先しましょう。

歯科衛生士
歯科衛生士
そもそもホワイトニングは見た目を良くするためのもの。虫歯の治療を優先すべきでしょう。

ちなみに、虫歯の治療で入れた詰め物や被せ物などは、ホワイトニングをしても白くなりません。自分の歯だけが白くなります。

【予防法②】象牙質が露出している部分を覆っておく

歯の表面を覆っているエナメル質にヒビが入っていたり、歯と詰め物の間に隙間があったり、歯茎が下がっていたりする部分はホワイトニングにより痛いと感じやすいです。

あと歯ぎしりやくいしばり(ブラキシズム)で歯がダメージを受けていたりしていても痛みが出やすいです。

 

このようなさまざまな原因により象牙質が露出している部分を、ホワイトニング前に覆ってもらうと痛いと感じるリスクが減ります。

歯の構造

【予防法③】知覚過敏用の歯磨き粉を使用する

知覚過敏用の歯磨き粉は、歯の表面をコーティングする作用があります。これを普段から使っていると、ホワイトニングで痛いと感じるリスクを下げることができます。

 

ホワイトニングは痛いもの?

女性

歯科衛生士
歯科衛生士
見た目を良くするために行うホワイトニングですが、歯・歯茎が痛いと感じることがあります。

ホワイトニングで歯・歯茎が痛いと感じる理由はこちらでまとめています。

 https://www.matsumoto.or.jp/toothteeth/whitening-pain-reason/

 

ホワイトニングで痛いと感じるのはいつまで?対処法まとめ

女性

いかがでしたか?

通常、ホワイトニングを行う間隔をあけることやフッ化物配合ジェルを塗布することやフッ化物入りの歯磨き粉で徐々に改善することが出来ますが、まずはホワイトニングを中断して様子をみましょう。

 

歯のホワイトニングは過酸化水素が歯の中の着色物質を分解するので、歯の中の水分バランスが崩れ、一時的に脱水状態になり、それにより痛みが出ることがあります。化学分解によるものなのですが通常24時間以内~数日でなくなりますので安心して下さい。

 

ホワイトニングによる痛みが心配で踏み出せなかったり、実際にホワイトニングをしたけど痛みに悩まされている方。さまざまな予防法や対処法があるので試してみると良いでしょう。

 

監修

歯科衛生士 坂上明美

医療法人真摯会
クローバー歯科クリニック
まつもと歯科

【所属学会】
日本歯周病学会
日本審美歯科学会
日本医療機器学会
日本アンチエイジング歯科学会
【資格】
スイスデンタルアカデミーエキスパート
第2種滅菌管理士
ホワイトニングコーディネーター
デンタルコーディネーター

ホワイトニングについてもっと詳しく