デュアルホワイトニングの費用やデメリットまとめ

今回は「デュアルホワイトニング」について解説します。

デュアルホワイトニングとは?

friend
friend
普通のホワイトニングと何が違うの?

歯を白くするホワイトニングにはさまざまな方法があります。おそらく「普通のホワイトニング」とは、オフィスホワイトニングのことでしょう。歯医者で歯科医師や歯科衛生士にやってもらうホワイトニング方法です。歯の表面に薬剤を塗布し光を当てて歯を白くする方法です。

その他、ホームホワイトニングという自宅でホワイトニングをする方法もあります。歯医者で専用のマウスピースとホワイトニング剤をもらい、カスタムトレーの中にホワイトニング剤を入れて歯に装着して、自宅で時間を見つけて行う方法です。

ではデュアルホワイトニングとはどんな方法か?デュアルホワイトニングは、上記のオフィスホワイトニングとホームホワイトニングを組み合わせた方法です。つまり両方並行して行います。

歯医者でホワイトニングを行いつつ、自宅でも自分でホームホワイトニングを行う。手間はかかりますが、その分歯が白くなります。また効果も長持ちします。

デュアルホワイトニングのメリット・デメリット

歯科衛生士
歯科衛生士
デュアルホワイトニングにはさまざまなメリットがありますが、その分他にはないデメリットもあります。


デュアルホワイトニングのメリット
 ・短期間で確実にホワイトニング効果を感じられる
 ・ホワイトニング効果が長続きする
 ・ホワイトニング後の色戻りが起きにくい

デュアルホワイトニングのデメリット
 ・費用が高額になる
 ・知覚過敏が起きやすい

デュアルホワイトニング=オフィスホワイトニング+ホームホワイトニングであるため、どちらか単独で行うより効果を感じやすいです。オフィスホワイトニング・ホームホワイトニング両方のメリットを感じることができます

ただその分費用がかかったり、知覚過敏が起こるリスクが上がったりするのがデュアルホワイトニングのデメリットです。最近では知覚過敏が起こりにくいホワイトニング材も出てきてますので、色々選択枠が広がっています。

デュアルホワイトニングの適応

デュアルホワイトニングは短期間で確実な効果が得られますが、ホームホワイトニングなど自身で努力することも必要です。それが面倒であるという方は、少し時間がかかってもオフィスホワイトニング単独を選ぶと良いでしょう。オフィスホワイトニング単独であれば、歯医者に行ってあとはお任せするだけです。

逆に歯医者に通院するのが面倒であるという方は、ホームホワイトニング単独にすると良いかもしれません。仕事が忙しくても、寝る前など自宅で数時間、時間が取れれば行うことができます。

friend
friend
両方とも頑張れそうならデュアルホワイトニングがいいね! まずは歯科医院で自分は何がよいのか相談してみよう!

歯科衛生士
歯科衛生士
今までホワイトニングで効果を感じられなかった方にもおすすめです。

歯やお身体の状態によっては、デュアルホワイトニングに限らずホワイトニング自体ができない方もいます。ホワイトニングができない方は以下でまとめています。

ホワイトニングができない人・できない歯まとめ

https://matsumoto.or.jp/toothteeth/cannot-whitening/

デュアルホワイトニングにかかる時間・期間

歯医者で行うデュアルホワイトニングの処置には、1回あたり60〜90分ほどかかります。

デュアルホワイトニングの治療期間は、もともとの歯の色や歯の状態にもよりますが、およそ1〜3ヶ月で完了となります。

デュアルホワイトニングについてまとめ

歯を白くするホワイトニングにはさまざまな方法があり、その中でも最も効果の高いのがデュアルホワイトニングです。ただデュアルホワイトニングにも適している人・適していない人がいます。オフィスホワイトニングのみ・ホームホワイトニングのみ、あるいは他の方法を上手く使い分けることが重要です。まずは歯科医院に行って相談してみて下さい。

監修

歯科衛生士 坂上明美

医療法人真摯会
クローバー歯科クリニック
まつもと歯科

【所属学会】
日本歯周病学会
日本審美歯科学会
日本医療機器学会
日本アンチエイジング歯科学会
【資格】
スイスデンタルアカデミーエキスパート
第2種滅菌管理士
ホワイトニングコーディネーター
デンタルコーディネーター

まつもと歯科のオフィスホワイトニング

トップへ戻る