歯科衛生士がお口の悩みに答えます
医療法人真摯会の歯科衛生士がわかりやすく解説
ホワイトニング・定期健診

歯のホワイトニングとクリーニングの違い5つ

歯のホワイトニングとクリーニングのちがいまとめ

 

 

今回は「ホワイトニングとクリーニングの違い」について解説します。

 

ホワイトニングとクリーニングの違い

 

歯科衛生士
歯科衛生士
歯のホワイトニングとクリーニングは、その目的や受けられる場所、かかる費用も大きく違います。

 

【ホワイトニングとクリーニングの違い①】目的

 

friend
friend
まずはそもそもの目的が違います。

 

ホワイトニング

 

ホワイトニングの目的は、歯を白くすることで見た目を美しくすること。専用の薬剤を歯の表面に塗り、光を当てることで歯を白くします。歯医者さんでするオフィスホワイトニングとマウスピースを作り自分でするホームホワイトニングがあります。

 

クリーニング

 

それに対して歯のクリーニングの目的は、バイオフィルムと呼ばれる歯垢(プラーク)や歯石など汚れを落とすこと。超音波や機械を使って歯の汚れを落としていきます。

 

【ホワイトニングとクリーニングの違い②】得られる効果

 

歯科衛生士
歯科衛生士
実際に施術を受けると、それぞれ以下のような効果が得られます。

 

ホワイトニング

 

芸能人はみんな歯が白いように、歯が白いと美しく、相手に清潔感を感じさせます。見た目が良くなるのがホワイトニングの効果です

 

▼ホワイトニングの原理メカニズムはこちらで解説しています。

ホワイトニングの原理、メカニズム、サロンとの違いまとめ
なぜ白くなるの?ホワイトニングの原理・メカニズム     今回は「ホワイトニングの原理」についてまとめていきます。   ホワイトニングの原理・メカニズム     ホワイトニングで使...

 

クリーニング

 

汚れを落とすことでお口の中の細菌を減らし、虫歯や歯周病の予防につなげます。また歯周病の進行を抑えたり着色しにくくするのが歯のクリーニングの目的です。

 

【ホワイトニングとクリーニングの違い③】受けられる場所

 

歯科衛生士
歯科衛生士
ホワイトニングは、歯科医院以外でも受けることができます。

 

ホワイトニング

 

歯のホワイトニングは、歯科医院だけでなくホワイトニングサロンやホワイトニング専門店でも受けることができます。ただその効果には違いがあります。歯科医院で受けるホワイトニングが、最も歯が白くなりやすいです

 

サロンで行うホワイトニングと、歯科医院で行うホワイトニングの違いはこちらで解説しています。

セルフホワイトニングの効果、歯科医院・歯医者との違いまとめ
セルフホワイトニングは効果がない?歯科医院との違い   今回は「セルフホワイトニングの効果」について書いていきます。   セルフホワイトニングとは       サロンで行うセルフホ...

 

クリーニング

 

歯のクリーニングは歯科医院でしか受けられません

 

friend
friend
専用の機械と薬品を使って行うものだからね

 

【ホワイトニングとクリーニングの違い④】料金・値段

 

歯科衛生士
歯科衛生士
歯科医院で行うホワイトニングは保険がききません。クリーニングは保険がきくものもあります。

 

ホワイトニング

 

歯科医院で行うホワイトニングは、全て保険がききません。大阪審美歯科グループでは9千円〜1万5千円で行っています。サロンで行うホワイトニングは、医療行為を行なっていないので数百円〜数千円が料金相場です。

 

ホワイトニング方法ごとの料金はこちらでまとめています。

ホワイトニング方法まとめ・それぞれの効果と費用
歯のホワイトニング方法5選とその効果     今回は「歯のホワイトニング方法・それぞれの効果」についてまとめていきます。   歯のホワイトニング方法   歯を白く、ホワイ...

 

クリーニング

 

歯のクリーニングは、保険がきく場合保険がきかない場合があります。これはクリーニングの目的や、お口の中の状態によって決まります。

 

保険がきくクリーニングは3000~3500円ほど、保険がきかないクリーニングは5000〜20000円ほど費用がかかります。

 

【ホワイトニングとクリーニングの違い⑤】施術にかかる時間

 

歯科衛生士
歯科衛生士
そこまで大きな差はありません。

 

ホワイトニング

 

歯科医院でのホワイトニングは1回あたり1時間ほどかかります。サロンでのホワイトニングは30分〜1時間とサロンによっても変わってきます。

 

クリーニング

 

歯のクリーニングにかかる時間は、30分~1時間ほどになります。

 

 

ホワイトニングとクリーニングはどちらがおすすめ?

 

friend
friend
どっちも魅力的だけど、どちらから受けるべき?

 

歯科衛生士
歯科衛生士
まずはクリーニングや歯の治療、その後にホワイトニングという順序がおすすめです。

 

こんな方にはホワイトニングがおすすめ

 

お口の中に虫歯や歯周病がなく、見た目を良くしたい、歯の色を白くしたい方におすすめです。虫歯や歯周病がある方は、基本的にホワイトニングができません。リスクはもちろんのこと、ホワイトニングは見た目を良くするためのもの。優先すべきは治療です。

 

▼ホワイトニングできない方できない歯はこちらで解説しています。

ホワイトニングは子供でもできる?できない人・歯まとめ
ホワイトニングができない方・歯は?子供はできる? 今回は「ホワイトニングができない場合」についてまとめました。 ホワイトニングができない場合 ホワイ...

 

接客業や営業のお仕事をされている方、飲食店で働いている方には特におすすめです。相手に清潔感を感じさせ、良いイメージにつながるからです。

 

こんな方にはクリーニングがおすすめ

 

まずは虫歯や歯周病の治療がしたいという方にはクリーニングがおすすめです。歯のクリーニングは虫歯や歯周病治療の一環としても行われます

 

ホワイトニングとクリーニングの違いまとめ

 

いかがでしたか?

 

見た目の良さや清潔感を生むためのホワイトニングと、虫歯や歯周病を予防するためのクリーニング。まずは、歯科医院でお口の中を見てもらい、相談してから決めるのが確実です。

 

監修

歯科衛生士 坂上明美

医療法人真摯会
クローバー歯科クリニック
まつもと歯科

【所属学会】
日本歯周病学会
日本審美歯科学会
日本医療機器学会
日本アンチエイジング歯科学会
【資格】
スイスデンタルアカデミーエキスパート
第2種滅菌管理士
ホワイトニングコーディネーター
デンタルコーディネーター

ホワイトニングについてもっと詳しく