マウスピース矯正は口内炎になりやすい?

マウスピース矯正は口内炎になりやすい?口内炎ができた場合の原因・対処法まとめ

 

今回は「マウスピース矯正と口内炎」について解説します。

 

マウスピース矯正中は口内炎になりやすい?

 

歯科矯正中は、装置(異物)が常に口の中に入っている状態なので、不潔になりやすくなります。また装置が粘膜に当たり続けることで口内炎にもなりやすいです。

 

ただマウスピース矯正では、柔らかい素材でできたマウスピースが装置となります。そのため比較的口内炎はできにくいです。またマウスピースは自由につけ外しができるため、口内炎ができても治りやすいでしょう

ワイヤー矯正など、装置自体が尖っていたりつけ外しができなかったりする矯正装置は、口内炎ができやすく比較的治りにくいです。

 

マウスピース矯正中の口内炎の原因

 

歯科衛生士
歯科衛生士
口内炎のできにくいマウスピース矯正であっても、全く口内炎ができないわけではありません

 

マウスピース矯正でできる口内炎は、マウスピースの辺縁が尖っていることでできるものが多いです。マウスピースの辺縁により粘膜が傷つけられた結果です。そのためマウスピースを歯にはめたとき、辺縁が当たる唇の内側頬粘膜ができやすい部位となります。

 

 

 

マウスピース矯正中の口内炎の対処法3選

 

歯科衛生士
歯科衛生士
マウスピース矯正で口内炎ができてしまった場合、主な対処法が3つあります。

 

【マウスピース矯正中口内炎の対処法①】口内炎を刺激しない

 

口内炎ができてしまったら、まずは刺激しないことが一番です。歯磨きはもちろん、食事中も反対側でかむなど工夫するようにしましょう。口内炎を刺激すると痛みが強まるだけでなく、悪化させて治りにくくなってしまいます。

 

【マウスピース矯正中口内炎の対処法②】装置を調整してもらう

 

矯正装置であるマウスピースの辺縁が尖っていることにより、粘膜が傷つけられたことで口内炎になった場合。この場合は歯医者に相談し、マウスピースを調整してもらいましょう

 

口内炎の原因となっている、マウスピースの尖っている部分を取ってもらえば(削ってもらえば)、粘膜に刺激がいかなくなり治りやすくなります。

 

【マウスピース矯正中口内炎の対処法③】口内炎用の薬を使う

 

friend
friend
つらい口内炎、いち早く治したい・・・

 

マウスピースを調整してもらっても口内炎が治らなかったり、歯医者に行く時間がないという場合。口内炎用の薬を使ったり食事を工夫したりすることも効果的です。

 

口内炎用の薬には歯医者でもらうもの以外に、市販されているものもあるので試してみましょう。

 

口内炎用の薬についてはこちらで詳しくご紹介しています。

口内炎の治し方8選
口内炎の治し方、かかるべき病院をまとめました。

 

マウスピース矯正と口内炎まとめ

 

マウスピース矯正では、慣れないマウスピースがお口の中に入っていることで口内炎になりやすいことがわかりました。ただワイヤー矯正などと違い、矯正装置であるマウスピースは付け外しが可能です。そのためワイヤー矯正に比べると口内炎ができる確率は低いと言えます。

 

監修

医療法人真摯会
クローバー歯科クリニック
まつもと歯科

歯列・歯並び・ 咬み合わせのお悩みなら。マウスピース、インビザライン、裏側、小児矯正等。LINE相談可。八重歯、出っ歯、受け口の治療など得意です。大阪梅田、なんば、心斎橋、吹田、豊中、神戸にあります。

マウスピース矯正についてもっと詳しく
トップへ戻る