小児歯科専門サイト
子供さんのためにがんばっています!
まつもと歯科の子供さんの治療の目標

「むし歯のない子供さんをたくさん作ること」、「二度とむし歯にならないようにすること」、これが最も大事なことだと考えています。

@ なるべく痛くなく 怖くなく 安全に

痛みは子供さんはもちろん、大人の方でも最も嫌なところです。当院では痛みをなくす工夫をたくさんしています⇒無痛治療について詳しくはこちら

A 上手に治療を受けられない子供さんに配慮

当院では、初診の方はまずカウンセラーが、子供さんの歯の状態、ご両親の希望、今までの歯科治療経験などを丁寧にお聞きし、できるだけご希望に応えるようしています。

子供さんが治療に対して怖がらないことが非常に大事ですので、様々な工夫をしています。TSD法を用いたり、アニメを見ながら治療したり、笑気麻酔など行っています。

TSD法

TSD法

Tell チェアに座ったままで、これからどんなことを、どんな風にしてするのかを話す。そして使用する器具を実際子供さんに持ってもらう。そしてわかりやすい言葉に置きかえる。バキューム⇒掃除機さん、エアー⇒風さん、むし歯を削る道具⇒シャワーさん、水⇒お水さん

Show 治療に入る前に、やって見せる。シャワーさんからお水さんだけ出す、掃除機さんでほっぺたを吸って笑わせてからお口の中に入れる、風さんもほっぺたに当ててくすぐらしてからお口の中に入れる、などです。

鏡を見せながら治療

Do 鏡で見せながら実際に治療を行う。鏡を見せながら行うのは非常に効果があり、子供さんは恐怖心を非常に感じにくくなる。

これらのことをしながら、行うと子供さんは大体1回でできるようになります。

どうしてもできない場合は系統的脱感作と言って始めは簡単なこと、例えばブラッシングから行い、だんだんと治療に近づけていったりもします。徐々に慣らしていくわけです。

また、オペラント条件付けと言って、頑張って出来たところをすごく褒めてあげるなどして正の強化を行う方法も行います。

アニメ
  • アニメ
  • アニメ
  • アニメ
  • アニメ

チェアの目の前にモニターがあり、アニメを見ながら治療できます。

(モニターを設置してないチェアもあるので、ご希望の場合は事前におっしゃて下さい)

笑気麻酔

笑気ガスを吸ってもらって落ち着かせて治療

笑気麻酔機器

笑気麻酔は不安を和らげてリラックスした状態にする効果があり、子供の治療には大変効果的です。安全性の高い笑気ガスという気体を鼻から吸います。

歯科治療を嫌がったり、怖がったりするお子さんも笑気麻酔を使用すると落ち着いて治療を受けることが出来ます。

笑気麻酔は保険適用ですので費用についてもご安心ください。

笑気麻酔
この笑気麻酔は全然大げさではなく、身体に害はないので安心してください。

B しっかり説明して納得してもらってから治療

インフォームドコンセント

子供さんはもちろんですがご両親にもしっかり納得してもらってから治療に入ります。

インフォームドコンセント(説明と同意)を最重要視しています。

C 再びむし歯にならないよう最大限努力

再びむし歯にならないよう最大限努力

せっかく治療ができても、また別の歯がむし歯になったのではいけません。最も大事なことは一度治療が終わったら、二度と悪くならないことなんです。

歯は削ったりせず、何もさわらないのが最高の理想です。12才で永久歯が生えそろった時に1本もむし歯がない、そして歯並びもキレイということを当院では目標にしています。

その為に、お忙しいとは思いますが、定期健診にお越し頂ければと思います。

また、当院では『こどもからおとなまで家族で通える歯医者さん』を目指しています。

小児歯科

理由は、子供の歯に関する知識をご両親や祖父母の方にも知ってもらえることは子供さんの健康に大きくつながります。子供さんにおやつのあげ方など、祖父母の方には言いにくいかと思います。またご両親が忙しい時に祖父母の方に連れてきてもらえたりもします。

そして、お口の中の状態は家族で似通ってきますので、ご両親、祖父母のお口の中の状態がわかると子供さんにも治療や予防がしやすくなります。

待ち合いのキッズエリアにはいろんな本が置いてあるよ!

キッズエリア小児歯科
むし歯の予防法

虫歯の予防法

むし歯予防は4つのポイント(輪)があります。この4つをできるだけ全て行うことがすごく大事です。

具体的に説明します。

1. 歯ブラシ、フロス(糸ようじ)

歯ブラシの仕方は歯科衛生士のお姉さんや歯科医師がお教えしますが、実はフロスがすごく大事なんです。

乳歯のむし歯は歯と歯の間からなることが多く、そこの部分の汚れはフロスじゃないととれないんです。フロスをちゃんとすればむし歯になる確率は大きく下がります。夜寝る前が一番効果的です。

フロス

柄付きのもあります。子供さんが7〜8才になられたら自分でする習慣をつけてあげて下さい。

2. フッ素

フッ素

フッ素を歯にぬると、フッ素が歯の表面のエナメル質に取り込まれて、エナメル質自体が固くなり、むし歯になりにくくなります。

毎日の歯ブラシだけでは完全に汚れを取るのは難しいのでフッ素をぬるのは非常に大切です。当院では定期健診の時に、フッ素をぬっています。

乳歯や生えたばかりの永久歯はエナメル質や象牙質が薄く虫歯になりやすいので、健診時など定期的にフッ素の塗布することは虫歯予防に効果的です。

フッ素の虫歯予防効果

1歯が丈夫になる

→歯の表面からフッ素が取り込まれると構造式が変わり、歯の結晶の一部になります。結晶化により歯が硬く・強くなります。

2エナメル質の強化・補修

→フッ素は唾液の中のカルシウムがエナメル質の中に取り込まれる再石灰化を促進する作用があります。

フッ素

3虫歯菌の活動を抑える

→フッ素は虫歯の原因となる虫歯菌が作る酸を抑制します。

3. シーラント

一番むし歯になりやすいのは、歯と歯の間ですが、その次になりやすいのが歯のかみ合わせの面の溝(しわ)なんです。この溝を埋める治療法をシーラントといいます(フッ素の入った樹脂です)。

シーラント

4. だらだら食べたりしない

甘いものは、子供さんにとっては栄養源でもあり、また精神的にも重要ですので食べないわけにはいきません。ただ、食べ方は工夫してくださいね。

甘いものは一度にまとめて食べればむし歯になるリスクが一気に減ります。

というのは、甘いものを食べるとお口の中が酸性になって歯が溶け始めます。時間がたてば中性に戻りますが、中性に戻る前にまた甘いものを食べてしまうと、再び酸性になり歯が溶けだすのです。

食習慣

上の図では、赤くぬりつぶされて脱灰と書いてある部分が歯が溶けだすところです。

定期健診について

定期健診

子供さんに小さい頃から予防の習慣を身につけさせてあげる事が大切です。乳歯から永久歯にかわるまでにお口の中に関心を持ち、キレイにすることで、大人になってからも健康な歯を維持していけるようになります。

また本来、歯はまったく削らない、さわらないのが一番良いんです。例え小さなむし歯のうちに治療できたとしても、本当は削らないのが一番理想です。その為にも定期健診は大事です。

さらに、子供さんにとってもう一つ大事な歯並びのチェックができることも大きな利点です。

具体的に定期健診で行う内容を説明します。

1. むし歯のチェック
2. 歯並び、かみ合わせのチェック
3. 悪い噛み癖や、指しゃぶり、ベロを出す癖などをチェック
4. 歯のクリーニング(むし歯予防にかなり効果があります)
5. シーラント(必要ない場合はしないです)

シーラント

6. フッ素塗布(原則毎回します)

フッ素フッ素

7. 歯みがき指導(歯磨きができてるかのチェックも)

歯みがき指導歯みがき指導

歯垢を染め出すとこんなに付いてることもあります。

歯みがき指導

こんなカワイイ人形で歯磨き指導しますね♪

定期健診

これらのことを、子供さん、お母さん、歯科医師、歯科衛生士のみんなで行い、健康な歯、きれいな歯並び、素晴らしい笑顔を目指して一緒に頑張りましょう!

定期健診の時に、常に歯並びもチェックし、もし治療が必要という判断になれば最も適切で良い時期に治療を開始することができます。

歯並び治療は、この最も適切な時期に始めるということがすごく大事なんです。

歯並びをきれいにする「小児矯正」

まつもと歯科では7才くらいから歯並びの土台となるあごの成長をコントロールしながら治していきます。あごの骨が柔らかい時期にプレートという取り外し式の器具をお口の中に装着し、少しずつ骨を拡げていきます。

プレート(拡大床)

従来の矯正は抜歯が必要であったり、歯や歯ぐき・筋肉などに無理がありましたが、小学校に入るくらいの早い時期から治療を行うことにより無理なく歯を矯正できます。

小児矯正の詳しい内容はまつもと歯科併設の大阪矯正歯科センターのサイトをご覧ください。
まつもと歯科併設小児矯正サイト
子どもの歯について
歯みがきについて 歯の様子
1才 水を含ませたガーゼや脱脂綿で歯を拭いてあげましょう 歯みがき
歯みがき

生後6〜10ヶ月ごろ

下の前歯が生えてくる

1才ごろ

4〜8本の前歯が生える

2才 お母さんが歯ブラシを使って磨いてあげましょう

2才半ごろ

20本すべてが生え揃う

3才 お子さんに歯みがきをさせてみましょう
お母さんも手伝ってあげてください
5才 朝昼晩の歯みがきをさせるようにしましょう
お母さんは仕上げ磨きをします

6才ごろ

下の前歯が抜けて永久歯が生え始める
上下の前歯4本ずつと奥から6歳臼歯という歯が生えてくる

6才 6歳臼歯のかみ合わせ面の溝が磨きにくく虫歯になりやすいので丁寧にみがくようにしましょう
お母さんの仕上げ磨きも続けてください
10才 仕上げみがきもそろそろ卒業です
お子さんがしっかり磨けているかどうかチェックしてあげましょう

9才〜11才
ごろ

残りの奥の乳歯が生え変わる時期

12才ごろ

1番後の12歳臼歯が生えて永久歯列の完成

6歳臼歯について

6歳臼歯は歯の王様

6才頃初めての永久歯が奥に生えてきます。6歳臼歯は最も大きくて、噛む力が強い歯です。噛み合わせの基準になったり、他の永久歯が生えるためのガイドにもなる重要な歯で、「歯の王様」とも言われています。

しかし、生えたばかりの歯は歯質がまだ未熟で、また咬む面の溝が深いため歯ブラシが届きにくく汚れがたまりやすいので虫歯になってしまう場合が多いです。

予防策としてはまずは毎日しっかりと歯みがきすることが大切です。そして歯科での定期健診やシーラント・フッ素塗布なども行うことができます。シーラントとはフッ素の入った樹脂で溝をうめて虫歯菌が入れないようにする方法です。

小児歯科の不安や質問は吹田市のまつもと歯科へご相談ください。知識豊富なカウンセラーが対応いたします。

Call:0668784500

受付時間:月〜土(日・祝休診) 9:00〜20:00

無料メール相談

治療費・方法・治療期間などをお答えします

初診予約はこちら

無料初診のご予約はお電話かメールでどうぞ

LINEで無料相談

LINEで簡単に無料相談ができます!

まつもと歯科のご紹介