無痛治療について|吹田市の歯医者 まつもと歯科の痛みに配慮した治療

夜8時まで診療
駐車場完備
無料託児室あり
お問い合わせ
大阪府吹田市山田東2-1-1(阪急バス新小川バス停すぐ)
無痛治療について
  1. トップページ >
  2. 無痛治療について

まず痛みを取ることと、痛みを抑えた治療をお約束します。

当院では、歯が痛いと言って来院された患者さんに対して、まず患者さんの痛みを止めることを最優先しています。

痛いのを我慢して、やっと歯医者に来られた患者さんに、「少しでも早く痛みをとってあげたい」というのが、まつもと歯科の考えです。

当院では来院されるお子さんはもちろん、大人の方にも出来るだけ痛みを感じにくい治療をするということが、歯科に対する恐怖心を起こさせないためにもとても大切なことだと考えています。

まず痛みに対する治療をして痛みを取り除き、痛みがなくなったところで痛みが起きた根本的な検査をして本格的な治療に入ります。

まつもと歯科では、治療全般に関して、無痛治療に力を入れています。

虫歯の無痛治療とは?

無痛治療とは主に虫歯治療の際の痛みを出来るだけ感じないように配慮された治療のことをいいます。麻酔の仕方を工夫することによって殆ど痛みを感じないくらいに痛みを抑えた治療が可能です。

虫歯治療と聞いて皆さんが思い浮かべる痛みは、麻酔注射そのものの痛みと、歯を削る時の神経の痛みだと思います。どちらも無痛治療で痛みを殆ど感じさせなくする方法がありますので、ご安心下さいね。

下の奥歯は麻酔が効きにくいです。痛みや腫れがある場合も麻酔が効きにくいため、通常より少し多く麻酔薬を使って、麻酔がしっかり効くまでの時間を多めに取ったりして、痛みが出にくい無痛治療をいたします。

当院の無痛治療について

無痛治療について

まつもと歯科では無痛治療に力を入れています。

無痛治療とは、わかりやすく言えば、3つあります。

1.痛みが予想される治療は必ず麻酔をする

2.麻酔を痛くなくする

3.痛みが出ないような治療をする

1.痛みが予想される治療は必ず麻酔をする

→患者さんが痛いと言ってるのに「ちょっと我慢してください」と言って治療を続けるようなことは絶対にいたしません。まつもと歯科では、患者さんが痛みを感じるときは原則麻酔をしますし、患者さんへの声掛けによって麻酔が効いているかどうかを常に確認しながら治療を行います。

2.麻酔を痛くなくする

麻酔は注射で行いますが、痛くない麻酔注射の方法があります。

1.事前準備
@超極細の針を用意する
A麻酔薬の温度を36℃にする
B表面麻酔を歯ぐきに塗る
→
2.針の刺入
(針を刺す)
C痛点の少ない部分にまず針を刺す
→
3.麻酔薬の注入
D注入はゆっくり行うと痛みを感じない
→
4.針を進める
E麻酔が効いてきてから針を進めていくと痛みが出ない
F時間を十分おくと麻酔が完全に効いてくる

@ 超極細の針を用意する

超極細の針を使うだけで、まず痛みがかなり減ります。

A 麻酔薬の温度を36℃にする

麻酔薬が冷たいと、そのこと自体で麻酔薬が体の中に入っていくのがわかり、痛いと感じてしまいます。

B表面麻酔を歯ぐきに塗る

表面麻酔を歯ぐきに塗ると感覚が麻痺して、注射針が刺さる痛みを和らげます。

C 痛点の少ない部分にまず針を刺す

痛点の少ない部分にまず針を刺して麻酔薬を少しだけ注入することで、注射をしていることに気づきにくくなります。

D 麻酔薬の注入

麻酔薬を注入するときに、1秒に1滴の割合で非常にゆっくりと注入します。そうすると痛みをほとんど感じなくなります。注入の速度をコントロールするために電動の麻酔器を使います。

E 針を進める

麻酔がある程度効いてきたら、核心部に向けてゆっくり針を進めていきます。

F 時間を十分おくと、麻酔が完全に効いてくる

麻酔をしっかりと効かせるために必ず時間をおきます。

3.痛みが出ないような治療をする。

→神経のない歯を削る時は基本的には痛みは出ませんが、削る時の振動で痛みを感じたり、バキューム等が粘膜に当たって痛く感じたりすることがあります。まつもと歯科では器機の扱いにも十分に注意しておりますので、ご安心ください。

笑気麻酔

笑気麻酔は笑気吸入鎮静法とも呼ばれ、鼻から吸う安全性の高い気体の麻酔です。

この麻酔を吸うと軽いうたた寝のようなリラックスした状態になり、顔の筋肉が緩んで笑っているような表情になります。大人も子供も使えますので、ご予約の際にお申し付け下さいね。

静脈内鎮静

静脈内鎮静は点滴による麻酔で、眠った状態で治療を受けることが出来ます。歯科恐怖症の方や、一度に多くの歯の治療を行う方等に使用します。

※静脈内鎮静は自費診療になります。