定期健診(メンテナンス)|吹田市の歯医者 まつもと歯科は実績豊富で安心

夜8時まで診療
駐車場完備
無料託児室あり
お問い合わせ
大阪府吹田市山田東2-1-1(阪急バス新小川バス停すぐ)
定期健診
  1. トップページ >
  2. 定期健診(メンテナンス)

まつもと歯科ではエアフロー プロフィラキシスマスター位相差顕微鏡を導入しております

  • エアフロー プロフィラキシス マスター
  • 位相差顕微鏡でお口のチェック

まつもと歯科ではエアフロープロフィラキシスマスターを導入しています

エアフローは痛くない。ツルツルになる。気持ちいい


エアフローは一度の処置で
バイオフィルム、ステイン、早期歯石の除去
および歯面研磨を行うことが出来ます。

GBT(Guided Biofilm Therapy)は全く新しい歯周病の治療法・予防法

GBTとは

当院で行っているGBT(Guided Biofilm Therapy)とは、世界的研究機関SDA(スイス デンタル アカデミー)が開発した全く新しい歯周病の治療法・予防法です。そして虫歯の予防も同時に出来る画期的なプロトコールです。

虫歯や歯周病の原因はバイオフィルムです。(歯周病の原因は歯石ではありません)GBTはそのバイオフィルムに着目した新しい治療法で、エアフロー、ペリオフロー、ピエゾン技術を用いた、プロによる歯面清掃のバイオフィルム除去ソリューションです。

GBTでは抗菌剤や消毒剤を一切使いません。研磨剤も使いませんので、歯にとても優しい治療法です。

歯や歯肉を傷つけることがありませんので、殆ど痛みを感じません


GBTの8つのプロトコール

GBTは以下の8つのステップから成り立っており、口腔組織のダメージや出血を抑えて、より快適で安全な治療ができるように設計されています。

GBT(Guided Biofilm Therapy)プロトコールの8つのステップ

ステップ1 診査 
歯と歯肉の状態を審査します

健康な天然歯であるか、むし歯、歯肉炎、歯周炎になっていないか確認します。

インプラントの場合は、粘膜炎、周囲炎になっていないか確認します。

ステップ2 染出し 
バイオフィルムを染出して見えるようにします

バイオフィルムを染出して患者さんにも見ていただきます。

染出しの色をバイオフィルム除去の目安にします。

バイオフィルムが除去されると、歯石がはっきり見えるようになります。

ステップ3 情報提供 
予防の重要性についてのお話

染出されたバイオフィルムを見ながら、予防の重要性や口腔衛生に関するお話をさせていただきます。

ステップ4 歯肉縁上・縁下のエアフロー 
バイオフィルム、ステイン、早期歯石を除去

エアフローを使ってバイオフィルム、ステイン、早期歯石を天然歯、補綴物、インプラント周囲から除去します。統一された手順で行っていきます。

ステップ5 歯肉縁下のペリオフロー 
歯周ポケット内にあるバイオフィルムの除去

4-9oまでの歯周ポケット、9oまでのインプラント周囲溝からバイオフィルムを除去します。

ステップ6 スマートピエゾンとPSチップ 
残った歯石の除去

エアフロー使用後、歯肉縁上・縁下にまだ残っている歯石をスマートピエゾンとPSチップを用いて除去します。

ステップ7 指差し確認 
バイオフィルムが残っていないか確認します

歯石が除去されたか確認します。

むし歯がないか確認します。

フッ素を塗布して歯を保護します。

GBTによる治療前

齲蝕部位がステインや沈着物、石灰化した残留物によって隠れていて、専門家による歯面清掃を行う前には見えないことがあるかもしれません。


GBTによる治療後

ステップ7 指差し確認では、病変が視認しやすくなり、隣接面カリエスが簡単に検知できます。このシンプルなステップを行うことで、歯面清掃の品質向上が実現でき、口腔内の問題が見過ごされ、治療されないといった事態が防げます。


ステップ8 新たなリコール予約 
歯肉の健康 = 生活の向上

分析結果に応じてリコール頻度を決め、次回の予約をお取りします。

定期健診にきちんと来ていただければ、ほとんどの場合、エアフロー治療だけでバイオフィルムと早期歯石の除去には十分です。 定期的にクリーニングを受けていただくことは、長期的な健康の維持に繋がります。

専用パウダーについて

エアフローで使用する専用パウダーはエリスリトールという天然の糖アルコールで

☆ほぼ0カロリー
☆砂糖の70%の甘み
☆血糖値を上昇させない
☆ほぼ副作用がない

 などが特徴です。

バイオフィルムを分散させ、虫歯や歯周病予防の効果があります。
まつもと歯科では、このエリスリトール含有パウダーで歯面清掃をしています。


エアフローパウダー+超微細ウォータースプレーの噴射により、
しつこい色素沈着やプラークを素早く除去します。

位相差顕微鏡でお口の中をチェック!


位相差顕微鏡って?


位相差顕微鏡とは、細菌や微生物を生きたままくっきり見ることが出来る顕微鏡です。

まつもと歯科では、このシステムを用いて口腔内細菌のチェックを行うようになりました。

プラーク(歯垢)を採取して、その場で口腔内細菌の状態を顕微鏡で拡大してモニターで見ることができます。

理想的な状態であればいかにして維持するか、問題があればどうすれば良い状態にできるかアドバイスいたします。


ご自分の口腔内の状態を正しく知り、

正しい予防と治療を行うことが大切です。

お気軽に担当歯科衛生士にご相談ください

どんな菌が見えるの?

歯周病

お口の中には約700種類の細菌がいます。

歯みがきの磨き残しなどが原因で歯の表面にプラーク(歯垢)が付着すると、プラーク1mgに約10億個の細菌が住みついているといわれています。

プラークが増えると、細菌が増殖して虫歯や歯周病、口臭などを招くことがわかっています。

まずご自身のお口の中の菌を、位相差顕微鏡でチェックしてみましょう。

こちらの写真は電子顕微鏡によるものです。(出展:日本大学歯学部)


  • グラム陽性菌
    乳酸菌やビフィズス菌
    等の善玉菌

  • グラム陰性菌
    大腸菌、サルモネラ菌、緑膿菌等の悪玉菌

  • トレポネーマデンティコラ
    スピロヘータ


  • 代表的な歯周病菌
    ポルフィロモナスジンジバリス菌

このような菌があれば注意が必要です

レッドコンプレックス

まつもと歯科の定期健診

定期健診

歯周病と虫歯の検査をします

新しい虫歯ができていないか、虫歯のできそうな歯はないか、歯周病の恐れはないか、歯周病は進行していないかなど、歯や歯肉の状態を確認します。

●異常のない場合

PMTC

歯のクリーニング

歯科衛生士が専用機器を使って歯をクリーニングします。
普段のブラッシングでは取れない歯の表面のバイオフィルムを除去します。当院では歯のクリーニングに力を入れており、患者さんお一人お一人に担当の歯科衛生士がつき丁寧にクリーニングいたします。

歯みがきチェック

歯みがきチェック

歯みがきチェックでは歯の磨き方をご説明し、うまくできていない箇所があれば指導します。

(ご希望により、フッ素塗布・着色取りもいたします。着色の程度により、定期健診内で取りきれない場合は、改めてご予約をいただくこともございます。)


唾液検査 SMT

唾液検査システム「SMT」を導入しています。

この唾液検査は測定時間5分で3STEPの簡単な検査になりますので、患者様に手間や負担がかかりません。

この検査で6項目(むし歯菌・酸性度・緩衝能・白血球・タンパク質・アンモニア)を測定できるので、虫歯・歯周病・口臭のリスクが分かります。

歯周病や虫歯の治療

●初期や中期の歯周病や虫歯があった場合
歯周病や虫歯の治療

歯周病や虫歯の箇所が見つかれば治療に入ります。定期的に健診を受けていると早期発見・早期治療が可能になります。

3ヶ月に1度来院していただきます
所要時間は40分程度です
費用は3,000円程度です
定期健診で健康維持!

定期健診

日本人の歯を失う原因の第1位は歯周病です。

もしすべての日本人が歯周病にならなければ日本人は非常に歯を失いにくくなるわけです。

その歯周病を防ぐには定期健診がものすごく有効なことが証明されています。

一生の歯の数

虫歯や歯周病を防いでいい状態を長く保つために定期健診(メンテナンス)がとても大切です。

定期的にメンテナンスを受けることで自分の歯を多く残すことができるというデータも出ています。

まつもと歯科でも患者さんの歯をなるべく抜かないよう、削らないようにするために定期健診の重要性をお伝えしています。

歯が痛くなった、歯ぐきが腫れているなどの不具合が起こる前に予防し、健康な歯を維持するためのお手伝いをしていきます。

定期健診であなたのお口の健康をサポートします!

定期健診

予防歯科の基本が定期健診です。歯や歯ぐきの状態が悪くなる前に定期的な健診を受けることにより、口の中を健康に保てます。もし治療が必要になっても最小限の治療で済みます。

虫歯が出来ると削って治療しますが、一度削った歯はもとには戻りません。出来るだけ削らずに痛みの少ない治療を行うためには早期発見・早期治療がとても重要です。

歯のクリーニングでは歯周病や虫歯の原因となる歯垢・歯石(バイオフィルム)を取り除きます。毎日丁寧に歯みがきをしているつもりでも少しずつ汚れがたまり、細菌のすみかであるバイオフィルムがついてしまいます。このバイオフィルムは歯みがきでは落とすことができません。プロによる歯のクリーニングで落とすことが歯の健康につながります。

歯のクリーニングをすると歯もつるつるになって、口の中がすっきりします。「さっぱりして気分がリフレッシュする」とそれを楽しみにいらっしゃる患者さんも結構多いんですよ。歯磨きをしても口の中がなんだかすっきりしない、口臭が気になるという方もぜひ一度ご来院ください。

定期健診

歯のクリーニング

80才で20本の歯を目指す方には、ぜひ定期検診をお勧めします!

a

あなたの歯の健康は、歯科医院でのクリーニングホームケアを両立することで維持することができます。
当医院では、あなたの歯を健康を保つためにあなたに合った予防プログラムを作り、クリーニングを行っています。


歯科衛生士による説明

バイオフィルムによる全身的な弊害

1.心筋梗塞

アメリカのバッファロー大学の調査では、歯周病にかかっている方が心筋梗塞を起こす確率は、歯周病にかかってない方の3倍高いという結果がでています。また、心筋梗塞を起こした患者さんの心臓には、その方の口の中にいる歯周病菌がいることを発見しました。

2.脳梗塞

口の中の病原菌は、歯周病を起こすと同時に、そこから血管内に入り込み、血流に乗って首のところまでくると、そこにいったんとどまり、さらに首から脳に侵入し、毛細血管内で血栓を作って脳梗塞を発症することが明らかになっています。

3.糖尿病

糖尿病の人は感染に弱いため、歯周病になりやすいと言われますが、逆に歯周病の人も糖尿病になりやすいし、糖尿病を悪化させやすいこともわかっています。なぜなら、歯周病菌の毒素にはインスリン拮抗作用があるからです。歯周病菌はインスリンの効果を失わせるため、血糖値は上がり、糖尿病は悪化してしまいます。

4.老化

無菌状態の哺乳類は、脳の完成までの期間の5倍生きるといわれています。人間の脳はおよそ25歳で完成しますから、本来の寿命は120〜130歳であると推定されます。現実の生活では無菌状態は無理ですが、一番影響を及ぼしてるのが、私たちの体内、とくに口の中の細菌です。(口の中の細菌は毒性が強いためです。)

私たちは外からの病気の感染には注意を払いますが、体内の細菌には無頓着です。まず、この考えを改めることが健康と若返りへの第一歩です。口の中を清潔にしておれば老化はある程度防ぐことができるのです。(もちろん老化には、他にも原因がいくつかあります。)

このように、歯のクリーニングをすることによって、全身の健康維持に大きく貢献することができます。また、舌のクリーニングも行ってください。舌にもバイオフィルムが形成されます。舌のクリーニングはご自分でできます。

お気軽にご相談ください
Call:0668784500

受付時間:月〜土(日・祝休診) 9:00〜20:00

初診予約はこちら

無料初診のご予約はお電話かオンラインでどうぞ

LINEで無料相談

LINEで簡単に無料相談ができます!

無料メール相談

治療費・方法・治療期間などをお答えします

矯正歯科 インプラント LINEで無料相談 無料メール相談
診療科目
無料託児をしています
ホワイトニング特集
ヒアルロン酸治療