歯周病治療|吹田市の歯医者 まつもと歯科

夜8時まで診療
駐車場完備
無料託児室あり
お問い合わせ
大阪府吹田市山田東2-1-1(阪急バス新小川バス停すぐ)

当院は歯周病治療にすごく力を入れています

1本でも多く自分の歯を残す

  1. トップページ >
  2. 一般歯科
  3. 歯周病治療

[最終更新日]2020/9/29

「歯肉炎」と「歯周病」

歯肉炎は、歯周病になる一歩手の症状で、歯ぐきに軽度の炎症が起きている状態です。歯周病にならない若い人でも、この歯肉炎になる人は少なくありません。

歯肉炎の症状は、歯ぐきが赤く腫れたり、歯ブラシをした時に歯ぐきから出血するなどです。歯周病まで悪化してしまうと、歯ぐきから膿が出る・口臭がきつくなる・歯がぐらつくなどの症状があらわれ、顎の骨や歯根膜まで炎症を起こしている状態でとても危険です。

一般的に、歯ぐきの炎症がひどければひどいほど、歯周ポケットが深くなります。深さ2〜4ミリ以上が初期の歯周病とされます

▼歯周ポケットの深さの基準

・初期の歯周病(軽度):2〜4mm
・中期の歯周病(中度):4〜6mm
・末期の歯周病(重度):6mm以上


歯の治療市民公開講座「歯周病について」 
講師:まつもと歯科総院長 松本正洋

歯肉炎から歯周病になる過程

【歯肉炎】

口の中に溜まったプラーク(歯垢)から出た毒素で、歯ぐきが炎症を起こす。痛みはなく、歯ぐきが赤く腫れたり、歯磨きの際に出血します。

歯肉炎、歯周病の説明

【軽度歯肉炎】

痛みはまだない状態。歯周ポケットが深くなっていき、歯を支えている顎の骨が知らない間に溶かされ始める。

【中度歯肉炎】

歯ぐきの出血に加え、膿が出たり、口臭がきつくなるなどの症状もあらわれる。また、顎の骨が減って歯が揺れるようになるため、痛みを感じます。

【重度歯肉炎】

歯周ポケットが6ミリを超えて、歯ぐきのすき間にプラーク・歯石が溜まっている状態。歯が激しく揺れるようになり、強い痛みを伴い、食事をすることも難しい末期の状態。


こんな症状があれば歯周病です!!



歯周病の検査について

1.歯周ポケットの測定

プローブで歯周ポケットの深さを計測

プローブという探針の器具を、歯と歯ぐきの溝に刺し込み、深さを測ります。

歯周ポケットが深いほど歯周病が進んでいると見られ、健康な人の歯周ポケットなら2ミリ程度です。

2.歯の動揺チェック

ピンセット状の器具を用いて、歯を一本ずつつまんで揺れ具合を確認します。

通常、引き締まった結構な歯ぐきにある歯には動揺は見られず、一方見た目に問題がない歯ぐきでも、歯の動揺が見られた場合、隠れて歯周病が進んでいる可能性もあります。

3.レントゲン検査

レントゲン検査

必要に応じて顎の骨をレントゲン撮影して、骨密度の具合を確かめます。密度の低い骨は、歯周病が進行している可能性が高いです。

歯みがきでは取れない汚れを歯科衛生士が徹底クリーニングしていきます。まつもと歯科では歯周病のメンテナンス治療として、エアフローを使用したパウダーによるバイオフィルムの除去を行っています。

▼当院で使ってるメンテナンス用の清掃装置です。エアフロープロフィラキシスマスターと言います。従来の装置のような痛みがなく、大変気持ちよく、歯周病のばい菌を除去します。

エアフロー プロフィラキシスマスター

エアフローについて詳しくはこちら


歯周病(歯槽膿漏)は早期発見・早期治療が大切です

歯周病(歯槽膿漏)は誰でもかかる可能性がある生活習慣病です。初めは自覚症状がありません。症状が進行すると歯周ポケットが深くなり、さらに進むと歯がぐらぐらと動揺し始めます。

さらに重症化すると歯が抜けてしまいます。少しでも異変を感じたらまつもと歯科へご相談ください。予防から治療まで当院へお任せください。

よくいただくご質問
Q.歯磨きすると出血する時としない時があります

歯ぐきの腫れ

歯ぐきの炎症の具合やその日の健康によって、出血の有無は変わります。

ただ、一度でも出血したということは、歯ぐきに何らかの症状が起きはじめているのかもしれませんので、気になる場合は早めに歯科医院で診てもらいましょう。

Q.歯周病にならないためにはどうすればいいの?

定期健診

歯周病の原因はプラーク(歯垢)です。プラークは放置すると硬い歯石に変わります。プラークと歯石を溜めないようにすることが歯周病にならない基本です。

まずは、正しい歯の磨き方を覚えて徹底することが一番効果的です。あとは定期的に歯医者さんに行って、セルフケアのおさらいや自分では磨きにくい部分などのクリーニングを行ってもらうとよいでしょう。

Q.歯周病は完治しますか?

歯周病(歯肉炎)の程度にもよりますが、一度ひどく進行してしまって、ダメージをうけた歯ぐきや歯槽骨が元通りに修復することはありません。

それ以上進行をひどくさせないようにすることが、歯周病治療の目的です。



歯周病についての不安などお気軽にご相談ください。知識豊富なカウンセラーが対応いたします。

お気軽にご相談ください
Call:0668784500

受付時間:月〜土(日・祝休診) 9:00〜20:00

初診予約はこちら

無料初診のご予約はお電話かオンラインでどうぞ

LINEで無料相談

LINEで簡単に無料相談ができます!

無料メール相談

治療費・方法・治療期間などをお答えします